有楽町線「板橋の成増」か「埼玉の和光市」か…選ぶべきは?

居住地を探すとき、二者選択で悩むことがあります。急行停車駅にすべきか、それとも隣の各駅停車駅にすべきか……。都内にすべきか、それとも川を渡って隣の県にすべきか……。下町エリアか、山手エリアか……。今回は、居住地選びで悩みがちの、東京メトロ有楽町線「地下鉄成増」と「和光市」についてみていきましょう。

都県をまたぐ路線だから悩む、「成増」か「和光市」か

「和光市」駅と「新木場」駅を結ぶ、東京メトロ有楽町線は、地下鉄では少数派となる、都県境をまたぐ路線です。「和光市」では東武東上線を経由して「川越市」駅や「森林公園」などまで、「小竹向原」では西武有楽町線経由池袋線直通で「小手指」などまで、相互乗り入れを行なっているほか、「和光市」~「 小竹向原」では東京メトロ副都心線と線路や駅を共有しています。

 

運行形態が複雑で、行き先もさまざまあるので、使いこなすまで慣れが必要ですが、沿線には、「池袋」や「有楽町」など、仕事や買い物に便利な街が多いうえ、「新木場」ではJR京葉線に乗り換えて、人気テーマパーク簡単にアクセスできるなど、レジャーにも便利ということもあり、居住地選びの際には候補になりやすい路線のひとつです。

 

有楽町沿線に絞り込んだ際、まず「新木場」方面か、それとも「和光市」方面かで悩むでしょう。そして後者に決めたとき、「池袋」を超えたあたりの駅であれば、家賃も安そうでいいのでは、と検討する人も多いのではないでしょうか。

 

そして有楽町線で最も多くの人が悩んできただろう選択が、「地下鉄成増」にするか、それとも「和光市」にするか、ではないでしょうか。

 

――成増であれば、東京都。和光市は埼玉県……。やっぱり東京在住がいい!

――東京在住もいいけど、和光市なら始発駅だから、座って通勤できる!

 

都県境をまたぐ路線であればありがちな、「東京にこだわるかどうか」問題に加えて、「始発駅で座って通勤できる」という誘惑のせめぎあいが、この「成増か、和光市か」の選択をより複雑にしています。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧