「30年同じパッケージ」の焼肉のたれ、大胆リニューアルで…

世のなかには、パッケージを変えただけで売上が10倍以上に増えた、営業をしなくとも販路が広がった、という事例が無数にあります。あなたの商品も、パッケージを変えることで、売上が増える可能性を秘めているかもしれません。今回は、「パッケージ」で売上を伸ばした商品を、実例を用いて紹介します。

Case1:競合製品に背を向け独占市場を開拓!

●赤玉 父さんのまくら

 

大阪府にある赤玉という会社は、1901年創業の寝具製造卸売業です。同社社長の三原幸夫さんから、消臭スプレーのパッケージ開発の依頼をいただきました。消臭スプレーといえば、スーパーやドラッグストアに並べるのが一般的です。しかし、売り場は「ファブリーズ」や「リセッシュ」などの競合商品で溢れかえっています。まともに勝負を挑んでも、そう簡単に勝てるものではありません。

 

しかし、三原さんの発想はユニークでした。「消臭剤の用途を寝具用に特化する」というのです。なるほど、競合がひしめくスーパーやドラッグストアに背を向け、ライバルのいない寝具売り場で売り出せば、純粋に製品の質で勝負できます。

 

さっそく、あちこちの寝具売り場を確認してみました。布団や毛布、シーツなどの商品は、意外とカラフルなパッケージが多いことに気づきます。あるいはパッケージングせず、枕やふとんなどの色をそのまま見せて販売しています。

 

次に、来店するお客様を観察してみました。すると当然のことながら、主婦が多い。そして、主婦の「臭い」に関する悩みを調査すると、おもしろいことがわかりました。50歳を超えた主婦の多くは、お父さんの加齢臭に困っているというのです。加齢臭といえば、一番こびりつくのが「まくら」です。

 

そこで商品名を「父さんのまくら」とし、パッケージを「黒」一色にしました(【画像】「焼肉のたれ」、衝撃のビフォーアフター、参照)。「父さんのまくら」とネーミングすることで、お父さんの枕の臭いに困っているお客様へ、ストレートに特性を伝えることができます。「きっとこの商品が、毎朝の嫌な思いから解放してくれる」と気づいてもらえるでしょう。


また、パッケージの色に「黒」を採用することで、寝具売り場でとても目立ち、お客様の目に飛び込みやすくなっています。

 

「消臭スプレーの価値は消臭すること」という常識の枠を取り払い、お客様の視点から商品を見直す。「自社が提供できる価値」ではなく、「ユーザーが得られる価値」に切り替えるということです。

株式会社パッケージ松浦 代表取締役社長

1974年、徳島県生まれ。広島大学理学部物性学科卒業。2002年、パッケージ松浦入社。入社当初は「パッケージは中身を出したら捨てられるゴミだ」との思い込みが強く、仕事に意味ややりがいを見出せない日々を過ごす。やがて「パッケージは商品の安全・安心を守り、売上を伸ばす役割がある」ことに気づき、仕事に没頭するように。2005年、創業者である父の跡を継ぎ、代表取締役就任。
2011年より、数多くのヒット商品のパッケージ調査を開始。750 を超える事例から「売れるパッケージ」の共通項を発見。現在、顧客とともに売上を伸ばすための商品開発やパッケージ資材の提案のほか、企業のブランディングについての提案を行っている。

本業のほか、世界初のパッケージマーケッターとして、全国各地でパッケージマーケティングセミナーなど、日々奔走中。

著者紹介

連載赤字商品が「大ヒット商品」に化ける!売り上げがグングン伸びるパッケージ戦略

売上がグングン伸びるパッケージ戦略 赤字商品が大ヒット商品に化ける!!

売上がグングン伸びるパッケージ戦略 赤字商品が大ヒット商品に化ける!!

松浦 陽司

合同フォレスト

パッケージにひと言添えただけで売上倍増! ネーミングを変えただけで品切れ続出!! ターゲットを絞ったらSNSで話題沸騰!!! 世界でただ一人の“パッケージマーケッター”が、売れるパッケージの秘密を明かします!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧