「すぐ…うつ病に」大手証券会社の課長就任4カ月で辞めた壮絶

大和証券、日興証券、野村證券を渡り歩いた原田茂行氏は、「証券会社を信用してはいけない」と明言しています。背景に潜む悲劇とは一体? 本連載では、『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』(幻冬舎MC)より一部を抜粋。過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や、投資に失敗する人の共通点、銘柄データのチェックポイントまで、「暴露話に近い」ノウハウを解説していきます。

バブル過ぎ「1万円→4000円まで暴落」の阿鼻叫喚

■ITバブルの乱高下

 

1998年末ごろから始まったITバブルにはすさまじい勢いがありました。このバブルの詳細についてはあとの連載で述べるとして、ここでは私が大和証券を離職するまでの経緯を書いていきます。

 

証券会社の営業は上がっていくものに付いていくのが常套手段。右肩上がりの株をひたすら追いかけ、取引回数を増やし、各社ITバブルに乗っかるかたちで大きく売上を伸ばしていました。多くの証券会社営業員が結果を出せる時代だったのです。

 

ただ私の場合、割安だと思う銘柄をお客さまに勧めるスタイルだったので、人気があり割高な銘柄の株価がさらに上昇し続けている状況では、相対的に営業成績が悪くなり、この時はたいへん苦労した思い出があります。1999年の夏、営業課の同僚たちがITバブルに浮かれて仕事のあとビアガーデンへと繰り出している一方で、一人会社に残り電話で顧客対応をしていたときは、本当に涙が止まらなくなりました。

 

人気のあるものにつくのは投資信託でも同様で、IT関連に特化して投資するファンドが数多く設定されました。大和証券では「デジタル情報通信革命(愛称、0101)」というファンドが立ち上がり、3000億円ほどの資金を集めていました。すぐに基準価格は40%以上も上がりましたが、その後ITバブルの崩壊により、スタート時の1万円に対し4000円にまで暴落する事態となりました。ITバブルを象徴する乱高下といえるでしょう。

 

順当な出世だったけど
順当な出世だったけど

■私の人生の乱高下──課長に昇進、そしてうつ病に

 

2003年の9月に私は課長へ昇進、翌年2月には埼玉の支店に営業課長として赴任しました。入社12年目での営業課長職は順当といえる出世で、これで支店長、そして役員への道が開けた、と喜んでいたのも束の間。思わぬ壁にぶち当たることとなりました。

IFA
自由が丘財産コンサルタンツ合同事務所代表
一般社団法人 シニアウェルスライフ協会代表理事 

青山学院大学経営学部卒業後、大和証券営業課長、日興証券、野村證券でのファイナンシャルアドバイザー経験を経て、2010年に独立しIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)となる。
日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト。

投資雑誌『株主手帳』毎月連載中。囲碁3段。

著者紹介

連載株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

原田 茂行

幻冬舎メディアコンサルティング

オタク的に株を愛する著者が導き出した「足で稼ぐ」投資とは――ヘタなテクニカル分析は時間とお金のムダ!? 「推し銘柄」は決算説明会や展示会でこそ出会える! 過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や投資に失敗する人の共通…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧