半沢直樹で話題沸騰!証券会社のマジの裏側「違法行為が…」

19日に新シリーズが始まった堺雅人主演『半沢直樹』。初回視聴率が22.0%と驚異的な数値を叩きだすなど、いまだ世間の「半沢熱」の高さには目を見張るものがある。2ndシーズンは銀行 VS 証券が主としたテーマになっているが、実際の証券株式会社の裏側は『半沢直樹』よりも熾烈かつ壮絶だ。大和証券、日興証券、野村證券を渡り歩いた原田茂行氏の書籍『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』(幻冬舎MC)より一部を抜粋してお届けする。

「顧客以上に相場のど素人の可能性が高い」唖然の裏側

■証券業界ここだけの裏話~営業員は投資ではなく営業のプロ

 

本連載の序盤では、表面をなぞる程度ではありますが、私の経歴を通して、証券会社を内側から見ていただきました。私は大手証券会社の3つを渡り歩いたことになります。そんな経歴の人間はなかなかいないのではないでしょうか。そんな私だからこそ感じる、証券会社に対して抱く正直な感想を、ここでは書いておきます。

 

大和、日興、野村、すべての証券会社に共通していえること。それは、販売窓口に立つ営業員やアドバイザーは、会社から命じられた商品をただ販売するだけの売り子であるということです。

 

彼らは、今後の相場がどうなるかなんて、知らないどころか、まったく興味がない可能性もあります。特に個別の株や債券などに関しては、詳しい内情を調べたり中長期目線での運用を考えたりしたことは、一度もないかもしれません。ただひたすら商品を売ることに専念しています。

 

『半沢直樹』今シリーズでは証券 VS 銀行が見どころだ。
『半沢直樹』今シリーズでは証券 VS 銀行が見どころだ。

 

セールストークには長けていて、一見専門家のような印象を受けますが、投資する顧客以上に相場のど素人であることは否定できません。営業員は、あくまで営業員。投資のプロではないというのが、まず私が明記しておきたい証券会社に関する正直な話です。

 

■「はちゃめちゃ」な人ほど出世する

 

証券会社に勤めていて感じた「証券会社のいいところ」ももちろんあります。

 

それは、学歴は関係ないところです。初めて赴任した支店の支店長は高卒で、当時の営業本部長も高卒でした。彼らはその後も業界で出世を続け、活躍の場を広げています。どんな学歴であろうが、飛び抜けた成績をおさめることができれば、出世することができ、また大きな財産を築くこともできます。これは非常に夢のある話ではないでしょうか。

 

証券会社で出世するために必要なのは「はちゃめちゃ」な思考です。実際に私が出会ってきた優秀な人間は破天荒な人が多かったです。

 

IFA
自由が丘財産コンサルタンツ合同事務所代表
一般社団法人 シニアウェルスライフ協会代表理事 

青山学院大学経営学部卒業後、大和証券営業課長、日興証券、野村證券でのファイナンシャルアドバイザー経験を経て、2010年に独立しIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)となる。
日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト。

投資雑誌『株主手帳』毎月連載中。囲碁3段。

著者紹介

連載株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

原田 茂行

幻冬舎メディアコンサルティング

オタク的に株を愛する著者が導き出した「足で稼ぐ」投資とは――ヘタなテクニカル分析は時間とお金のムダ!? 「推し銘柄」は決算説明会や展示会でこそ出会える! 過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や投資に失敗する人の共通…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧