多摩覇権争いに敗北!百貨店がすべて撤退した「八王子」は今…

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、JR中央線「八王子」駅。

百貨店撤退の「八王子」凋落が話題でも人気上昇の秘密

「八王子」駅は東京都八王子市に位置する、JR中央線と横浜線の駅です。1日の乗車人数は8.5万人ほど。50万人都市・八王子市の拠点となる駅です。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!

年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

八王子という地名は全国各地にあり、元になっているのは、牛頭天王(ごずてんのう)と8人の王子(八王子)をまつる信仰です。各地に八王子神社や八王子権現社が建立され、信仰を集めるとともに、地名として定着していきました。八王子市の場合も、八王子城にある八王子神社がそれにあたります。

 

八王子は、明治期に織物産業、特に生糸・絹織物で栄えた街。長野や山梨からも荷が集まり、輸出する横浜への中継地点としても発展。八王子と横浜を結ぶ道は「絹の道」と呼ばれていました。

 

また八王子には花街が残ることでもしられています。新橋、赤坂、神楽坂、浅草、芳町(人形町)、向島などと、「東京六大花街」といわれるほど栄え、大正時代には芸者は200を超え、1950年代には、料亭が45軒、芸者215人を数えたといいます。しかし高度成長期から徐々に衰退し、90年代の後半には芸者も10名ほどにまで減少しました。いまは、花街の文化を残そうとする活動が盛んに行われています。

 

そんな八王子は、「新宿」駅から30kmほどのところにあり、多摩地域を代表する繁華街として発展。かつての北口には、地元百貨店の「はまるき百貨店」や「イノウエ百貨店」、全国展開している「西武百貨店」「大丸」「伊勢丹」「そごう」など、複数の百貨店があり、多くの買い物客でにぎわっていました。しかし同じ中央線沿いの「立川」や「吉祥寺」との競争が激しくなっていくにつれて、次第に劣勢になり、次々と百貨店は閉店、撤退。エリアの地位低下がたびたび話題になりました。

 

確かに一時の隆盛に比べると、八王子は寂しくなった感が否めません。しかし百貨店がすべて撤退したとはいえ、その跡地には複合商業施設や家電量販店がオープンしたり、南口でも再開発により、複合ビルや商業施設ができたりと、新しい展開を見せています。また駅チカのマンションが増え、その利便性が話題になると人口も増加。ファミリーを中心に、「住みたい街」としての人気も高まっています。

 

次のページ>>>「駅チカ+繁華街」高い利便性で注目

 

にぎわう「八王子」駅前
にぎわう「八王子」駅前

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧