「横浜」の隣なのに…驚きの家賃水準が魅力すぎる「保土ケ谷」

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、JR横須賀線「保土ケ谷」駅。

JRだけじゃない!相鉄も使える穴場スポット

「保土ケ谷」駅は横浜市保土ケ谷区に位置する、JR横須賀線(総武線快速)と湘南新宿ラインの駅です。1日の乗車人数は3.4万人ほど。区名を名乗る駅ですが、区役所などの行政機関が集中するのは、相鉄本線の「星川」駅周辺です。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!

年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

保土ケ谷は、もともと、東海道五十三次の4番目の宿場である「程ヶ谷宿」があった場所。駅周辺には、本陣跡をはじめ、史跡、神社・仏閣などが多数点在しています。横浜市によると保土ケ谷という地名の由来は、「低湿地を意味するという説」「アイヌ語からの転訛説」荘園のひとつ「榛谷御厨(はんがやのみくりや)から転訛した説」など多くありますが、はっきりしたことはわかっていません。

 

そんな「保土ケ谷」ですが、最大の魅力は、『住みたい街ランキング』第1位の「横浜」の隣駅ということです。憧れの街であり、利便性も高い「横浜」は、当然家賃水準も高め。「横浜」を目指して引越し先を探していた人が、家賃を理由に流れ付いてくる先のひとつが「保土ケ谷」なのです。

 

さらに「保土ケ谷」はJR線だけの駅で、それほど交通の便がよくないと思われがちですが、徒歩10分ほどで相鉄本線の「天王町」駅にたどり着きます。意外と2駅利用可能の穴場エリアなのです。都心~横浜~湘南という南北方向の移動だけでなく、横浜西部を経て都心に向かう移動も可能で、不測の事態のとき活用できるでしょう。

 

駅周辺を見ていきましょう。駅には「ビーンズ保土ヶ谷」と「CIAL保土ヶ谷」の2つの小さな商業施設があり、合わせて20ほどの店が入っています。西口にはバスターミナルを中心としたロータリーがあり、少し店舗の集積が見られますが、その先には住宅街が広がっています。東口の目の前には国道1号線が走り、渡った先にはバスターミナルがあります。国道沿いには店舗が点在しますが、基本的に住宅街が広がっています。

 

「保土ケ谷」は隣の「横浜」とは異なり、基本的に住宅街が広がるエリアです。通勤、通学で人通りは多めですが、これといったランドマークはなく、栄えているわけでもありません。「横浜ほどにぎやかな所はイヤだけど、横浜の便利さには享受したい」という人には、ほどよい街なのかもしれません。

 

次のページ>>>駅から少し離れたところに潜む落とし穴

 

相鉄本線も使える
相鉄本線も使える

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧