「判子を押して!」「は?警察呼ぶぞ」祖母の通帳額に孫が激怒

日本では年間約130万人の方が亡くなっています。つまり相続税の課税対象になろうが、なかろうが、130万通りの相続が発生しているのです。お金が絡むと、人はとんでもない行動にでるもの。トラブルに巻き込まれないためにも、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが大切です。今回は、編集部に届いた事例のなかから、伯母と甥の間で起こった相続トラブル事例をご紹介。円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

【宝町+オンライン】税務に関して無料個別相談 >>詳しくはコチラ

2人の伯母への憤り…そのワケは?

「子どもだと思って、舐めているんですよ、あの人たちは」

 

そう話すAさんは、21歳の大学生。憤慨している相手は、2人の伯母。遺産相続の話し合いの場を振り返ると、怒りが込み上げてくると言います。

 

時計の針を巻き戻しましょう。教師だった父母の間に生まれたAさんは、一人っ子だったこともあり、厳しくも大切に育てられてきました。父は理科の教師だったこともあり、よく家でできる簡単な実験を見せてくれたそうです。

 

「水が一瞬で氷になったり、家のなかで蜃気楼を作ったり…本当に面白い父でした」

 

しかし、Aさんと父との思い出は、小学校5年生のときに途絶えます。父が若くしてがんに侵されたのです。まだ若かったこともあり、進行は早く、気づいたときには手遅れの状態でした。

 

父の死後、「母子家庭だからと、不自由をさせたくない」「立派だった父のような大人になってほしい」と奮闘する母の姿が目に焼き付いているとAさん。父の母であるAさんの祖母も色々とサポートしてくれたそうです。

 

「比較的近くに住んでいた祖母が、夕食の準備に来てくれたり、掃除をしてくれたり……仕事で忙しい母を色々と助けてくれていました。祖父は僕が生まれるずいぶん前に亡くなっていて、母子家庭の大変さを祖母自身もわかっていたから、余計に親身になってくれたんでしょうね」

 

こうして、Aさんは毎日学業に励み、第一志望の大学に合格。奨学金をもらい、バイトもしながら、充実した大学生活を送っています。

 

「振り返ると、僕は人に恵まれてきた、という自負があるんですけど……2人の伯母だけは昔から好きになれなくて。どこかずれているんですよね」

 

Aさんいわく、2人の伯母は、とにかくお金にうるさく、ケチなんだとか。

 

――お祝いは「しょぼい」とか言いながら受け取るけど、絶対にお返しはしない

――家に来ては「これ、もらっていい?」と、食べ物などを持って帰る

――(少額だけど)お金の無心をしてくる。「返して」というと、いつも「ちょっと待って」

 

父が亡くなってからは、以前ほど会う機会は減ったというものの、親戚一同が集まるお盆やお正月には、やはり、このようなケチケチ行為を目にしたそうです。

 

「甥の僕に、直接なにか、ということは、さすがにありませんでした。でも突然、遺産相続、という話になって」

 

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在6名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は4万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載編集部に届いた「まさかの相続トラブル」円満相続税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧