千葉のタワマン街「本八幡」変貌を遂げたが、実際のところは…

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、総武線と都営新宿線が使える「本八幡」駅。

千葉県市川市の行政・商業の中心地「本八幡」

「本八幡」駅は、千葉県市川市に位置する、JR(総武線各駅停車)と都営地下鉄新宿線の接続駅です。駅北口から300mほど行った先には、京成本線「京成八幡」駅があります。JR駅の1日の乗車人数は約6万人、都営地下鉄駅の1日の乗降客数は約8万人です。

 

 

「やわた」の地名の由来となった「葛飾八幡宮」は、平安時代に創建された由緒正しい神社であり、「京成八幡」駅の先に位置しています。「本八幡」駅が誕生したのは1935年。すでに京成本線に「八幡」駅(のち「京成八幡」駅に統合)があったため、「本」をつけた上での開業となりました。

 

駅周辺は元々、市の中心地らしいにぎわいを見せる一方で、道幅が狭く、雑多なイメージの強いエリアでした。しかし近年、駅北口では再開発が進んでタワーマンションも林立し、洗練された雰囲気へと変貌を遂げています。

 

駅北口を出るとロータリーが広がり、その右手にあるのが「パティオ本八幡」。100円ショップやファミレスなど、生活に密着したテナントが中心の使い勝手のいい商業施設です。その先に延びる駅前通りには雑居ビルが建ち並び、その1階を中心に、多彩なショップが軒を連ねています。

 

再開発の中心となったのは、都営地下鉄駅の真上のエリア。JR駅と京成駅の間にある「ターミナルシティー本八幡」はスーパーマーケットを備えた商業棟、2013年に押上から移転してきた京成電鉄の本社があるオフィス棟、400戸以上備えた住宅棟からなる巨大複合施設。住宅棟は150m弱のタワーマンションで、いまや本八幡のランドマーク的存在です。

 

南口をみてみましょう。雑居ビルが建ち並ぶなかに「西友」や「MEGAドン・キホーテ」といったリーズナブルな品揃えが魅力のスーパーが点在。さらに徒歩10分ほどの「ニッケコルトンプラザ」は、日本毛織の中山工場跡地に建てられた超巨大なショッピングセンター。核テナントとしてダイエーが入るほか、ニトリやノジマ、トイザらス、さらにはシネマコンプレックスも。駅から10~15分間隔で出ている無料のシャトルバスも嬉しい限り。

交通も生活も至便!でもそれ以上に魅力なのは…

そんな「本八幡駅」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は5.72万円、11分を超えると5.19万円となっています(図表1)。市川市全体からみると、「本八幡」周辺は若干高くはなりますが、十分リーズナブルな家賃水準だといえます。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(4月27日時点) ※単位は万円
[図表1]「本八幡」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(4月27日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円、千葉県勤務で25~29歳で24.9万円、30~34歳で29.0万円となっています(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、千葉県勤務は6.2万円、都内勤務30代前半は8.5万円、千葉県勤務は7.4万円となります。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

会社員の適正家賃から考えると、「本八幡」駅周辺は、20代会社員でも十分に居住を検討できるエリアだといえます。大手ポータルサイトで検索すると、適正家賃内で、駅チカ、築10年程度の物件を多く見つけることができます。ただ築年数の古い物件が多くの残る地域であるため、築年数にこだわると、割高な物件を選ばないといけなくなりそうです。

 

次に交通の利便性をみてみましょう。JR総武線利用で「秋葉原」26分、「飯田橋」33分、「新宿」45分。「市川」で総武線快速に乗り換えれば「東京」27分、「品川」37分でアクセスできます。都営新宿線を利用すれば「馬喰横山」27分、「神保町」33分、「新宿」44分(所要時間は、平日8時を「蕨」駅を出発した場合の目安)。しかも都営新宿線は「本八幡」が始発駅。混在する通勤時間帯でも「座って通勤」がかないます。一方、総武線各駅停車は、千葉から都心方面に向かう電車の混雑率がすさまじく、190%を超えます。都心方面に向かう際、使えるなら都営線がおすすめです。

 

生活の利便性をみてみましょう。駅北口には「オーケー」「カスミ フードスクエア」、南口には「西友」と、駅周辺に大型スーパーがあり、大抵の最寄り品は駅周辺で手に入ります。一方、本八幡周辺には古くからの住宅街が多く、そのようなエリアは買い物スポットも少なめ。スーパーの空白地も点在し、不便さを感じる地域もあります。物件選びの際には、最寄りのスーパーがどこにあるのかの確認は必須です。

 

一方、「本八幡」周辺は、飲食店が豊富。ファーストフード、ファミリーレストラン、中国料理店、牛丼店、定食……と、誰もが知る全国チェーンの多くが、駅周辺に店を構えています。また地元密着型のこだわりの飲食店も多く、お気に入りを店を発掘する愉しみもあります。

 

買い物スポットも、飲食スポットも充実し、家賃水準も魅力の本八幡ですが、会社員にとって一番の魅力は座って通勤できること。どんなに再開発で街が変わろうと「通勤電車で座れる」というステータスを獲得することは、なかなかできることではありません。都心までは少々離れていますが、満員電車からの解放という、ほかの街が簡単には真似などできない魅力を「本八幡」は備えています。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧