日本一「密」な街・蕨…京浜東北線が走るも、埼玉2位の犯罪率

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身の会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、京浜東北線「蕨」駅。

徒歩で20分隣町…コンパクトにまとまった「蕨」

「蕨(わらび)」駅は埼玉県蕨市にある、JR京浜東北線の駅です。1日の乗車人員は6万人強。県下のJR駅では「大宮」「浦和」「川口」「南越谷」「北朝霞」に次ぐ、第6位の規模です。

 

京浜東北線のみが停まる
京浜東北線のみが停まる

 

蕨の由来は、有力な説が2つ。近隣の戸田や川口にある地名、青木や笹目、美女木などの植物にならったとか、平安末期から鎌倉時代の僧侶の「武蔵野の草葉にまさるさわらびをげにむらさきの塵かとぞみる」の歌からとったという、植物の「蕨(わらび)」に由来するという説。もうひとつが、源義経が立ちのぼる煙を見て「藁火(わらび)村」と名づけたとか、平安時代の歌人、在原業平が藁をたいてもてなしをうけたところから、「藁火」と命名され「蕨」に転じたという説です。

 

蕨といえば、全国の市のなかで最も面積が狭いことで有名。区町村含めても、全国で8番目の狭さで、全国の市町村で最も高い人口密度を誇ります。「蕨」駅を降りて市を縦断すると、徒歩20分強、直線距離にして1.1kmほどでお隣の戸田市という小ささ。ちなみに直線距離で4km、徒歩で1時間20分強で、蕨市の端から端まで横断することができます。

 

また毎年1月に行われる成人式の発祥も、ここ蕨市。1946年から行われている「青年祭」がベースとなり、全国に広がったといわれています。

 

そんな蕨市の中心である「蕨」駅は、川口市との市境近く。駅東口を出ると、飲食店やカラオケなどが入る雑居ビルが並び、少々ごちゃごちゃした印象。駅前通りを進み、120mほどいった交差点を超えると、もうそこは川口市です。

 

反対の西口を出てみましょう。西口にはどこか懐かしい雰囲気のロータリーが広がり、東口よりは開けた印象です。その周囲にはやはり雑居ビルが建ち並び、飲食店をはじめとしたお店が集積。蕨市役所は西口から1.2km、徒歩で15分ほどのところあります。

 

駅周辺には東口、西口ともに目立った施設はなく、雑居ビルを抜けた先に広がるのは住宅街。徒歩圏内に行政、商業、住居のすべてがコンパクトに集まっています。

家賃も交通も生活もGOOD…でも気になる犯罪率の高さ

そんな「蕨」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は5.17万円、11分を超えると4.54万円となっています(図表1)。なお蕨駅の東口はすぐに川口市になるため、物件の多くは駅西口に位置します。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(4月27日時点) ※単位は万円
[図表1]「蕨」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(4月27日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円、埼玉県勤務で25~29歳で24.8万円、30~34歳で28.6万円となっています(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、埼玉県勤務は6.2万円、都内勤務30代前半は8.5万円、埼玉県勤務は7.1万円となります。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

「蕨」駅周辺は、都内勤務でも埼玉勤務でも、20代の若手会社員が駅チカの利便性を享受できる家賃水準です。大手ポータルサイトで検索すると、6万円以下で築年数の浅く専有面積20㎡ほどの物件が、7万円以下であれば専有面積30㎡近い広々とした1K物件が豊富にみつかります。会社員にとって、有力な選択肢になりえる家賃水準です。

 

次に交通の利便性をみてみましょう。JR京浜東北線で「上野」28分、「東京」37分でダイレクトにアクセス。途中「赤羽」で上野・東京ラインに乗り換えれば、2~3分程度、早く着くことができます。また同じく「赤羽」乗換えで、「池袋」26分、「新宿」32分、「渋谷」38分 と、山手線の西側エリアへも、アクセスは良好です(所要時間は、平日8時を「蕨」駅を出発した場合の目安)。また住んでいるところによっては、埼京線の「戸田」駅などが最寄り駅になる場合も。勤務地が山手線西エリアであれば、市をまたいで埼京線駅を利用したほうが、何かと便利です。

 

ただし問題は混雑率。京浜東北線、そして「新宿」方面にアクセスする際に乗り換える埼京線、ともに190%弱とかなりの圧迫感を覚える混雑。さらに平日通勤時間帯の「赤羽」の混雑率もすさまじく、かなりの覚悟を必要とします。

 

生活の利便性をみてみましょう。前述の通り「蕨」駅周辺には、目立った商業施設はありません。しかし駅東口にある「東武ストア」は翌2時までと、終電帰りでも余裕の営業時間。一方、西口すぐにはスーパーはありませんが、5分ほど歩いたところに、24時間営業の「西友」があり、最寄り品の購入で不便を感じることはないでしょう。また駅前には飲食店も豊富。またファミリーレストランや中国料理チェーン、牛丼店など、単身者でも入りやすい飲食チェーンもひと通り揃っており、外食派の人でも安心です。

 

家賃水準も、交通利便性も(通勤電車の混雑は苦になるが)、生活利便性も抜群の蕨ですが、懸念点としてよく挙げられるのは、外国人の多さです。蕨の外国人比率は県下一で、治安を心配する声も聞かれます。では実際の治安はどうなのでしょうか。統計上、埼玉県下で一番犯罪率が高いのは「さいたま市大宮区」、第2位が「蕨市」で、人口100人あたりの犯罪件数は2.4件。自転車窃盗について、侵入窃盗が多く、1年で100件以上が報告されています。

 

多方面で利便性の高さがひかる蕨ですが、ネックになるのは治安。物件の安全性を見極めることが、蕨住まいを快適にする条件といえそうです。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧