家族全員が絶句…「長女の夫」が何気なく放った、失礼な一言

年間約130万人の方が亡くなり、このうち相続税の課税対象になるのは1/10といわれています。しかし課税対象であろうが、なかろうが、1年で130万通りの相続が発生し、多くのトラブルが生じています。当事者にならないためには、実際のトラブル事例から対策を学ぶことが肝心です。今回は、相続人の夫が遺産分割協議に介入し起きた相続トラブルについて、円満相続税理士法人の橘慶太税理士に解説いただきました。

意外に多い父の遺産に、家族が困惑

今回登場するのは、父、母、長男、長女の4人家族です。両親とも穏やかな性格で、子どもたちは大きな声で怒られた記憶がない、といいます。そんな両親に育てられた子どもたちも、やはり穏やかな性格で、あまりに怒らない性格から、長男は「ほとけ」、長女は「聖母」とあだ名がつくほどでした。

 

近所でも評判になるほど、穏やかで物静かな家族でしたが、父は意外に投資には積極的で、株式の配当は結構な額になり、さらにいくつかの不動産をもつなど、会社員でありながら、かなりの資産を持っていました。

 

「何かあったときに、子どもたちに残せるものがあればと思って始めたんですが、相性がよかったのか、投資はすごくうまくいきましたね」と笑う父。とはいえ、あくまでも投資は将来のために行っているもので、日々の生活は非常に地味。周囲の人は誰一人と、父が資産家であるに気づいていませんでした。

 

意外にお金持ちの父、ということ以外は、きわめて穏やかなで地味な家族。月日は流れ、子どもたちは独立し、それぞれが幸せな家庭を築いていました。そんなある日のことです。家族始まって以来の大事件が起こりました。父が亡くなったのです。

 

父はすでに70代。病気が見つかったときには、すでに末期で、色々なところに転移も見られるとのことでした。それでも父は取り乱すことなく、最後まで穏やかだったといいます。

 

そのような父の姿があったからでしょうか。残された家族も取り乱すことなく、父をしっかりと送り出すことができました。そしてまた穏やかな日常が戻ってくる……誰もがそう思っていましたが、この家族に、もう一波乱、起こるのです。

 

ある日、食卓で浮かない顔をしている長女がいました。そんな長女の様子に、お風呂上がりの長女の夫が話しかけました。

 

長女の夫「どうしたの、そんな顔して」

 

長女「お父さんの遺産のことで……」

 

長女の夫「揉めてるの?」

 

長女「まだそこにもいけてない感じ」

 

長女の夫「どういうこと?」

 

長女「実はお父さん、投資でうまくいっていて、遺産の全体がやっと見えてきた感じ。遺産が多くて困っちゃうなんて、贅沢な悩みよね」

 

長女の夫「へえ、お義父さん、すごいな」

 

長女「ほんと、なんで会社員を続けていたのかしら、お父さん」

 

長女の夫「わかった。今度、家族で話し合うときに俺もついていってあげるよ」

 

長女「悪いわよ、そんなの」

 

長女の夫「いいよ。俺も前に父さんの相続があっただろう。そのときに色々勉強したからさ、結構頼りになると思うんだ」

 

長女「別にいいけど…」

 

長女の夫「それに家族全員、押しが弱いだろ。みんなで、どうしよう、どうしようって言っているんじゃないのか。相続の話し合いってものは、ちゃんとした船頭がいないと、進んでいかないんだよ」

家族全員を絶句させた、長女の夫の何気ないひと言

こうして、ある日曜日の昼下がり、実家に母、長男、長女、さらに長女の夫の4人が集まりました。

 

「相続の話、ちょっと行き詰っていると聞いたので、今日はおじゃましました。父の相続の経験があるので、何かとアドバイスできるかと思いますので」

 

長女の夫が軽く挨拶を交わしたあと、遺産分割の話が始まりました。父の遺産は、実家とマンションが8室、株式や債券、金、そして貯金と、総額7~8億円はくだらない、ということでした。次にこれらの遺産をどうするか。色々話をしましたが、最終的にそのまま持っていても運用はできないから、母が住む実家以外は現金にして、母1/2、子どもたち1/2と分けよう、という話にまとまりかけたとき、長男の夫が立ち上がりました。

 

長女の夫「ちょっと待ってください。安直に分けると後悔しますよ」

 

長男「でも普通、母が1/2、残りは子どもたちで分けますよね。普通どおり分けたほうが後悔はしないかと」

 

長女の夫「確かに、決められたとおりであればそうですが、あとで絶対後悔します」

 

長男「でも家族ごとに配分を決めて差が出たときのほうが、あとで揉める原因になりませんか?」

 

長女の夫「いえ何も考えずに、決められたとおり、というほうが揉めます。それにお義母さん」

 

母「えっ、はい!?」

 

長女の夫「お義母さんは、そんなに遺産、いりますか?」

 

母「えっ?」

 

長女の夫「お義母さん、今年で73ですよ。そんなにもらっても意味ないですよね?」

 

全員「……(絶句)」

 

長女の夫「それであれば、もっと……」

 

長女「ちょっと、何言っているのよ! ここから出ていって、出ていってよ!」

 

こうして、長女の夫は廊下につまみ出されました。ぽかーんと、何が起きたのかわからない様子。仕方がないので、先に家に帰り、長女の帰りを待ちました。そして夕方ごろ、長女がすごい剣幕で帰ってきました。

 

長女の夫「何をそんなに怒っているんだい?」

 

長女「あなた、どんなに失礼なことを言ったのか、わからないの! お母さんに、『あなたは早く死ぬから、そんなにお金を持っていても仕方がないですよ』って言ったのよ!」

 

長女の夫「もっと遠まわしな言い方で……」

 

長女「まずは謝れー!!」

 

今まで聞いたことのないほどの長女の怒鳴り声が、隣近所まで響き渡りました。

 

もう謝るしか……
もう謝るしか……

配偶者控除を最大限使うことが、正しいとは限らない

揉める相続には、いくつかのパターンがあります。法定相続人以外の第三者が遺産分割協議に介入するというのも、そのひとつです。

 

本来、遺産分割は非常にシンプルです。遺言書がある場合には、遺言書の通りに遺産を分け、遺言書がない場合には、法定相続人全員での話し合いによって遺産の分け方を決めればいいのです。

 

この遺産分割協議に参加できるのは、法律で決められた法定相続人という立場を持った人だけで、法定相続人が全員揃っていないのに勝手に進められた遺産分割協議は無効になります。

 

では法定相続人になれるのは誰かといえば、まずは配偶者です。戸籍上、配偶者となっていない場合、たとえば事実婚であれば、その人は法定相続人にはなれません。それ以降は、優先順位があります。第1順位の法定相続人は子ども、第2順位は直系尊属である父母、第3順位は兄弟姉妹と続きます。上の順位の法定相続人がいる場合には、下の順位の人は法定相続人になれません。

 

さらに本来、遺産を相続するはずだった子どもが先に亡くなってしまっている場合には、その相続する権利は孫に引き継がれます。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。この時に気を付けなければいけないのは、相続権は孫には引き継がれますが、亡くなった子どもの配偶者には引き継がれません。亡くなった子どもの配偶者に遺産をあげたいときは遺言書が必要になります。

 

法定相続人以外の第三者が遺産分割協議の場に介入すると、家族の事情も顧みずに話をして場をかき乱したり、どんなに中立的な立場でいても誰かの肩をもっていると思われたりして、泥沼化することは多いのです。

 

ただ今回の事例で、長女の夫の言い方は悪かったとはいえ、提案は良かったと思います。通常、配偶者は、法定相続分と1億6000万円のいずれか多い金額まで、相続税が非課税となります。少々わかりにくいですが、「夫婦の間では最低でも1億6000万円まで相続税がかからない」ということです。

 

「そんなお得な制度、最大限に使った方がお得に決まっているじゃない」と思うかもしれませんが、配偶者の税額軽減があるからといって、必要以上の金額を配偶者に相続させてしまうと、結果として損をしてしまう可能性が非常に高くなるのです。

 

それは一次相続で配偶者がたくさん相続すれば、確かにその時の相続税は少なくなりますが、問題は二次相続の相続税です。一次相続で配偶者が多くの財産を相続すると、次に、その配偶者が亡くなったときの相続税が高くなります。一次相続と二次相続とでは、仮に、同じ金額の財産を相続する場合でも、圧倒的に二次相続のときのほうが、相続税は割高になります。

 

筆者は、「一次相続では、奥様が今後これだけあれば安心して暮らしていける、と思える金額を相続してください」とお伝えしています。

 

【動画/筆者が「相続税の配偶者控除」を分かりやすく解説】

 

橘慶太

円満相続税理士法人

 

円満相続税理士法人 代表 税理士

中学・高校とバンド活動に明け暮れる。大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人山田&パートナーズに正社員として入社する。

税理士法人山田&パートナーズでは相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算300件以上。また、三井住友銀行・静岡銀行・ゆうちょ銀行を中心に、全国の銀行で年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。

税理士の使命は、難解な法律や税金をできる限りわかりやすく伝えることだと考えている。平成29年1月に表参道相続専門税理士事務所を設立し、平成30年より法人化に伴い、円満相続税理士法人に商号を変更した。

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧