各種特例の適用は可能か?「遺言書作成時」に考慮すべき項目

本連載では、税理士法人ファミリィ代表社員・税理士の山本和義氏監修『「遺言があること」の確認』(TKC出版)の中から一部を抜粋し、遺言実務に関する民法改正の概要を解説します。今回は、第5章「遺言書と相続」から、「非上場株式等の相続と遺言」と「遺言書作成時に考慮すべき税のこと」について見てきます。

非上場株式等の相続と遺言

平成30年1月より、非上場株式等についての相続税の納税猶予制度(以下「特例事業承継税制」)が導入されました。特例事業承継税制を使った相続税の納税猶予の適用を考えている場合には、遺言書の作成が必須であると考えられます。

 

【特例事業承継税制の適用への影響】

特例事業承継税制の適用を受けようとする場合には、相続開始の日の翌日から5か月以内に後継者が代表者に就任していることが必要です。また、都道府県知事に対して相続開始の日の翌日から8か月以内に認定申請書を提出しなければならないこととされています。認定申請書には、その株式等を誰が相続するのかが決まっている、すなわち、遺産分割協議書又は遺言書の添付が必要です。

 

そのため、相続人間での遺産分割協議が調わなかった場合には、

 

①役員変更登記に支障が出る(5か月以内に後継者が代表者に就任できない)。

 

②分割協議書を作成できない(8か月以内に都道府県知事に認定申請の提出ができない)。

 

という問題から、特例事業承継税制の適用を受けることができなくなります。

 

【後継予定者が経営権を握れないことによる影響】

未分割遺産である株式は準共有状態にあるため、会社法第106条により、株式についての権利を行使するためには、権利を行使する者を1人定め、その氏名をその会社に通知することが必要です。これをしなければ、その会社が同意した場合を除き、その株式の権利を行使することができません。

遺言書作成時に考慮すべき税のこと

遺言書を作成する場合、まずは配偶者の生活面を考慮することが重要です。税金の面よりも、まず、配偶者が生涯にわたって安心して生活できる遺言内容を考え、次に税金面を考慮するようにするとよいでしょう。

 

【配偶者が相続する財産について】

自宅のほか、老後を支えるための金融資産は配偶者が相続すべきです。生活費で消費される金融資産を配偶者が相続すると有利ですし、また、配偶者から子へ生前贈与がしやすいというメリットもあります。

 

また、配偶者に相続させる財産については、次のことも考慮するようにしましょう。

 

(1)評価の上がる財産は避ける

二次相続時の相続税を考慮すると、業績の良い会社の株式や、価値が上がることが予想される土地などは、財産を膨らませることになりますので、配偶者が相続することは避ける方がよいでしょう。

 

(2)配偶者居住権を取得する

配偶者が配偶者居住権を相続することによって、共同相続人の相続税の軽減にも役立つことが期待できます。

 

(3)賃貸不動産

マンションなどの賃貸不動産は、サラリーマンの子が相続するよりも、配偶者がいったん相続する方が毎年の所得税が有利になる場合があります。

 

(4)配偶者の相続割合

配偶者が相続する財産は、相続税法の「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定により、法定相続分か1億6,000万円かどちらか多い金額まで相続税の負担が発生しないようになっています。この規定を利用して一次相続の負担を最大限抑えた場合、財産額によっては、二次相続時の相続税が一次相続で抑えた相続税よりも負担が重くなることがあります。配偶者へどれだけ相続させることが有利であるのか、税理士に相談するとよいでしょう。

 

【小規模宅地等の特例を有利に受けるために】

小規模宅地等の特例とは、被相続人の親族の生活基盤を保護するために設けられたもので、相続税の計算の際に、被相続人等が居住用や事業用に利用していた宅地等について、一定の要件の下、宅地等の評価額を80%又は50%減額できる制度です(図表)。

 

特例の適用を受けることができるかどうかにより、相続税に大きな差が生じるため、それぞれ適用を受けることができる者に相続させるように検討するとよいでしょう。

 

[図表1]小規模宅地等の特例
[図表1]小規模宅地等の特例

税理士法人ファミリィ 代表社員・税理士

大阪市出身。1982年山本和義税理士事務所開業。2004年税理士法人FP総合研究所へ改組、代表社員。2017年税理士法人FP総合研究所を次世代へ事業承継し、新たに税理士法人ファミリィ設立、代表社員に就任。TKC全国会資産対策研究会顧問。資産運用・土地の有効利用並びに相続対策等を中心に、各種の講演会・研修会を企画運営、並びに講師として活動。著書に、『相続財産がないことの確認』(共著、TKC出版)、『特例事業承継税制の活用実務ガイド』(実務出版)、『タイムリミットで考える相続税対策実践ハンドブック』(清文社)、『設例解説 遺産分割と相続発生後の対策』(共著、大蔵財務協会)など。

著者紹介

連載民法改正で相続対策はどう変わる?“争族"を防止する「遺言書」のつくり方

「遺言があること」の確認ー遺言実務に関する民法改正の概要と相続対策

「遺言があること」の確認ー遺言実務に関する民法改正の概要と相続対策

山本 和義(監修)

TKC出版

「自筆証書遺言の方式緩和」「法務局における遺言書の保管制度」など、民法改正により遺言実務が変わります。本書では、今改正の概要とともに、“争族"を防止する遺言書の書き方、遺言書の有無による相続対策への影響などを具…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧