株式投資デビュをー考える方へ「バリュー投資・グロース投資、どっちが魅力的?」

※本記事は、2019年7月30日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

バリュー投資・グロース投資、どっちが魅力的?

株式投資の代表的スタイルは2つあります。1つはグロース(成長株)投資、もう1つはバリュー(割安株)投資です。読者の皆様は、どちらのスタイルに近い方ですか?

 

私には、25年の日本株ファンドマネージャー経験があります。投資信託・年金などで、20代は1,000億円、40代には2,000億円以上の日本株ファンドを運用していました。

 

私は、主に割安株への投資で、ベンチマーク(競争相手)であるTOPIX(東証株価指数)を大きく上回るパフォーマンスを上げてきました。割安株をコアとして長期保有しながら、成長株で短期売買を繰り返しつつ、サヤをかせぐことを目指していました。

 

こうした経験上、株式投資の初心者は、まず割安株投資から開始した方が良いと思っています。配当利回りの高い大型株が、最初の候補となります。小型成長株も面白いのですが、小型成長株には値動きの荒いものが多く、注意を要します。

株価が割安な銘柄を選ぶことで、投資リスクをある程度抑えられる

割安株は、言葉をかえれば「不人気株」です。人気がないから株価があまり上がらず、結果として、配当利回りが高く、PER(株価収益率)が低く、株価指標でみて割安になります。それでも、積極的な買いは入りにくいのです。

 

一方、成長株は「人気株」です。成長ストーリーに惹かれて多くの投資家が熱狂的に買うので、株価指標で見ると割高な銘柄が多くなります。

 

初心者はまず割安株からと私が考えるのは、一般的に、将来のパフォーマンスに以下のような関係があるからです。

 

[図表1]割安な「不人気株」
[図表1]割安な「不人気株」

 

ここで一番避けたいのは、割高な人気成長株を買ったのに、成長ストーリーが崩壊し、株価が大きく下落するケースです。初心者が、このパターンにおちいると、損切りができずに、ずるずると損失を拡大させることになりやすいので、注意が必要です。

 

私は、割高な成長株は短期勝負と割り切って売買していました。みんなが熱狂する株を一緒に買いに行く時は、「株価が下がったらすばやく損切り」を念頭においていました。

 

それに対して、割安株に投資する時は、じっくりと長期に持ち、価値が見直されるのを待つ戦略でした。堅実経営の割安株は、投資家の期待が低いので、業績がたいしたことなくても、急落することはあまりありません。人気の成長株とは違って、バタバタと短期で売り買いする必要はあまりないと言えます。

「成長株優位」と「割安株優位」は循環する

近年は、成長株優位の相場が長期化しています。割安株を買っても、なかなか報われない展開が続いています。ただし、歴史的に見ると、日本株市場では、割安株優位の期間が長かったことが分かります。

 

いずれにしろ、成長株優位と割安株優位は、交互に繰り返します。成長株優位の相場では、成長性の高い銘柄のパフォーマンスが良く、成長性の低い銘柄のパフォーマンスが低くなります。分かりやすい相場です。

 

[図表3]成長株優位・割安株優位は循環する(イメージ図) 出所:筆者作成
[図表2]成長株優位・割安株優位は循環する(イメージ図)
出所:筆者作成

 

成長株相場が行き過ぎると、割安株相場が始まります。買われ過ぎた成長株が値下がりし、堅実経営の割安株が買われます。成長性の低い銘柄の方が、パフォーマンスが良いので、一般的に分かりにくい相場と見られます。

 

これから、日本株はどうなるでしょうか? 私は、長期的には、成長株優位が続くと思いますが、短期的には、割安株が盛り返す局面があると考えています。大型割安株に、配当利回りが4~6%に達するものが増えており、いくら成長性が低いといっても、売られ過ぎと考えられるからです。

割安な成長株はなかなか存在しない

もし、成長性が高く、株価が割安な銘柄があれば、成長株投資家も割安株投資家も、どちらもが投資したいと思うでしょう。ところが、割安な成長株はなかなか存在しません。成長性の高い株は、往々にして人気が高く、株価の割安度をはかる代表的な指標であるPER(株価収益率)が30~40倍など、高い水準にあることが多くなります。

 

一方、PERで10倍前後など割安な銘柄には、成長性が低い、業績になんらかの不安があるなど問題を抱えている銘柄が多くなっています。

 

そこで、良い投資銘柄を見つける方法は、2つあります。

 

【1】成長株投資を重視する

まず、成長性の高い銘柄を探し、その中から株価がなるべく割安なものを選別します。

 

【2】割安株投資を重視する

まず、株価が割安な銘柄を探し、その中から、なるべく成長性の高いものを選びます。

 

割安な成長株がなかなか見つけられないことから、成長株投資マネージャーのポートフォリオには、PERが高い、配当利回りが低い銘柄が多くなります。一方、割安株投資マネージャーのポートフォリオには、あまり成長性の高くない割安な銘柄が多くなります。

小型成長株は値動きが荒い

株式投資の醍醐味は、なんと言っても、成長株だと思います。割安株をコアにしつつ、小型成長株投資にもトライしてみて良いと思います。

 

ただし、小型成長株は当たれば大きく上昇しますが、失敗すると大きく下がることに注意が必要です。以下は、典型的な小型成長株の値動き[図表3]です。

 

[図表4]小型成長株の株価変動(イメージ図) 出所:筆者作成
[図表3]小型成長株の株価変動(イメージ図)
出所:筆者作成

 

上のグラフでは、成長株の株価変動イメージを、3つの時期に分けて描きました。

 

(1)黎明期:成長期待があるがまだ利益がほとんど出ない時期

(2)成長期:利益が大きく成長する時期

(3)成熟期:最高益更新が続くものの、増益率が大幅に鈍化する時期

 

このグラフは、成長株の成功事例をイメージして描きました。黎明期から成熟期まで長く持っていれば、高いリターンが得られます。ただし、投資タイミングが悪いと、短期的に大きな損失をこうむることがあります。それが、グラフで赤い矢印をつけたところです。

 

 

窪田 真之

楽天証券経済研究所

 

※本記事は、2019年7月30日に楽天証券の投資情報メディア「トウシル」で公開されたものです。

 

楽天証券の投資情報メディア。トウシルのテーマは「お金と投資をもっと身近に」です。投資は、お金に振り回されないためにできることのひとつ。でも、リスクもありますし、むずかしくもあります。トウシルでは、みなさんが投資に対してお持ちの疑問や不安を減らし、投資へのハードルをさげるためのコンテンツを提供します。

https://media.rakuten-sec.net/

著者紹介

連載楽天証券の投資情報メディア「トウシル」発 お金を守るための基礎講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧