シンガポール富裕層が「東京中古ワンルーム」を買い漁るワケ

東京オリンピック終了後、都内の不動産価格の下落を予測する声も多い。しかし、都心一等地の物件は、海外富裕層からの人気が根強く、特にシンガポール人たちがこぞって購入しているという。本記事では、シンガポール在住ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が、海外富裕層による、日本の不動産購入の最新動向を解説する。

日本の不動産投資セミナーに殺到する海外富裕層たち

シンガポール在住、ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。日本では「不動産は東京オリンピック後」と考えている人も多いですが、海外の富裕層にとっては東京一等地の不動産はまだまだ投資先として魅力的なようです。

 

株式会社ブリッジ・シー・エステートの代表取締役社長・澁谷賢一氏によると、シンガポールで開催したセミナーに当日参加したシンガポール人が、その場で現金購入を決めるケースもよくあるとのことです。また、日本に住んでいる中国人向けに中古不動産セミナーを開催すると、多数の人が受講するそうです。なぜ、海外のお金持ちは日本の不動産に投資するのでしょうか。

 

彼らの多くは、自国の高度経済成長期に、不動産で財を築いてきた成功体験があります。自国だけではなく、オーストラリア、イギリスなど不動産市場が整備され、投資をしやすい海外に目を向けている人たちも多く、海外の不動産投資に慣れています。そのため、物件を見ずに決めることもよくあるのです。

アジアの不動産市場と比較すると、日本は割安?

アジアの表面賃貸利回り(Global Property Guide)の平均相場ランキングを見ると、1位がインドネシア(8.61%)、2位がフィリピン(6.13%)、3位がカンボジア(5.33%)、4位がタイ(5.13%)、5位がマレーシア(3.72%)、6位が日本(2.66%)、7位が香港(2.62%)、8位がシンガポール(2.54%)、9位が中国(2.1%)、10位が台湾(1.57%)の順になっています。

 

日本の不動産は先進アジアのなかでは利回りがよく、東京・中央区の物件だけに限ると、利回りは4%を超えてきます。「東京で利回り4%」と聞くと、旨味を感じるようで、シンガポール人など外国人富裕層からの人気が高いのです。台湾、シンガポール、香港など、割高感があるアジア市場と比べると、日本の不動産の利回りはリスク対リターンがよく見え、少額から投資できるのも大きな理由です。都心のワンルームマンションは2000万〜3000万円で、シティエリアのファミリータイプだと2億円前後するシンガポールの不動産と比べると気軽に手を出しやすいのです。

 

シンガポールでは、小ぶりで安い金額の不動産を探すのは至難の技です。そのため、日本のワンルームマンションは人気が高く、即決で現金購入する人も多いのです。ちなみに、日本の永住権を持っている外国人は、日本の金融機関でフルローンの借り入れをして物件購入することもできるので、こういった手軽さも人気の理由のひとつでしょう。

 

日本以外のアジアへの不動産投資としては、高い利回りが期待できるフィリピンやタイなどが人気です。先日、インド人の金融業者から提案されたタイの物件が、一等地でなんと3億円もするコンドミニアムでした。3億円にもなると、融資を受けないと庶民には手が届かない金額です。タイとはいえ、超富裕層向けの物件は、もはや日本の六本木ヒルズを超えるような値段になってきているのです。

 

また、シンガポールの国土の大半は国有地であり、多くの物件の所有権が99年など長期間のリースホールド(定期借地権)となっています。日本の不動産の多くは、外国人であっても、フリーホールド(永久所有権)での物件購入が可能です。

 

また、シンガポールの不動産を外国人が購入する場合、高額な加算印紙税が課されます。日本では、こうした外国人への規制が少ないため、外国人にとって魅力的なのです。

 

このように、中国を先頭に、アジアで増え続ける中間層や富裕層は、日本の不動産を虎視眈々と狙っているのです。そのため、オリンピックが終わっても、特に一等地はすぐに安くなるとは考えにくいでしょう。

 

 

花輪 陽子

ファイナンシャル・プランナー

 

ファイナンシャル・プランナー
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP認定者

1978年、三重県生まれ。
青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行に入社。
退職後、FPとして独立。2015年から生活の拠点をシンガポールに移し、東京とシンガポールでセミナー講師など幅広い活動を行う。
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)、『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。
「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。
日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」2011年度相談員。

WEBサイト https://yokohanawa.com/

著者紹介

連載少子高齢化でも「老後不安ゼロ」を実現! シンガポールの成長戦略

本記事は、書籍『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)から一部を抜粋し、再編集したものです。

少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図

少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図

花輪 陽子

講談社+α新書

日本が本気でマネしたら世界一の経済大国に! 賢くておもしろい国家戦略。 経済成長率年3.5%、 65歳以上の労働力率3.6割で毎年増加、 人口減少に影響されない社会保障、 共働き大国でも待機児童ゼロ、 外国人労働者4割…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧