著者紹介

花輪 陽子

ファイナンシャル・プランナー
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP認定者

1978年、三重県生まれ。
青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行に入社。
退職後、FPとして独立。2015年から生活の拠点をシンガポールに移し、東京とシンガポールでセミナー講師など幅広い活動を行う。
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)、『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。
「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。
日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」2011年度相談員。
海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営。
まぐまぐ「花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編」を発行。
『日本への警告 米中ロ朝鮮半島の激変から人とお金が向かう先を見抜く』(講談社+α新書) ジム・ロジャーズ 花輪陽子監修

WEBサイト https://yokohanawa.com/

書籍

日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く

『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』

ジム・ロジャーズ(著)小里 博栄 (監修)花輪 陽子(監修)

いま中国や朝鮮半島で起きている劇的な変化は、日本にどんな危機をもたらすのか? どうすれば日本人はその危機を打ち破り、新しい未来を築けるのか? 世界的投資家だけに見えている日本の未来の切り開き方! 「日本人は今、何かがおかしいとわかっているのではないか? 少子高齢化と巨額の長期債務残高を放置しても破綻しない『ニューエコノミー』など、存在しないのだ」 つねに人の先を読み、目先の動きにとらわれずに決断し、偉大な成功を遂げてきた世界的投資家、ジム・ロジャーズ。彼の目から見れば、日本にはあきらかに大きな危機が訪れている。それは根本的で長期的な危機、すなわち人口減少と財政破綻だ。放置すれば破滅的未来しか待ち受けない重大な危機であるにもかかわらず、日本人は手を打とうとしているように見えない。ここ10年で近隣のアジア諸国が劇的に力をつけてきたのと比べれば目がくらむほどの落差ができたというのに。 「日本は世界で最も素晴らしい国のひとつになれるし、なるべきだ」 政府はけっして国民のためを考えて政策を立案しているわけではない。あなたのお金は官邸や財務省よりもあなた本人のほうがずっとその使途をあやまらない。権力、常識、他人の言うことに頼るのではなく、みずから観察し、未来を見抜く目を持つことが、あなたの仕事と生命、子どもを守る。著者がみずから生まれ故郷から脱出して新天地で成功を手に入れたのと同じものを、本書を読めば手中にできる。その知恵と勇気を授かる話題書が、ついにここに誕生した。 第一章 日本人が見て見ぬ振りをする、破滅的な未来 第二章 日本人が今克服すべき課題 第三章 アメリカ、中国、朝鮮半島――これが変化の本質だ 第四章 家族とお金を守るために私が学んだ九つの成功法則 第五章 これからの時代に勝つ投資

書籍紹介

少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図

『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』

花輪 陽子

日本が本気でマネしたら世界一の経済大国に! 賢くておもしろい国家戦略。 経済成長率年3.5%、 65歳以上の労働力率3.6割で毎年増加、 人口減少に影響されない社会保障、 共働き大国でも待機児童ゼロ、 外国人労働者4割でも優秀な技術者を優遇…… マネーの達人として「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などで活躍したファイナンシャルプランナーがシンガポールへ移住。 そこで見たのは賢くて合理的な政策、世界基準の教育、合理的なインフラ。 日本と同様、少子高齢化社会で消費税は7%。なのに老後の不安はゼロ。67歳まで同賃金での雇用義務、共働き率9割でも待機児童ゼロ。シニアも女性も活躍して、さらに労働人口4割は外国人も優秀なエンジニアを優遇し高技術労働力を確保しているから、労働人口も個人の所得も増えるばかり。 シンガポールには日本が取り入れたら経済的に得をして、国民が幸せになる理想社会があった。

書籍紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ