オークションも隆盛…いま香港に「超富裕層」が集まる理由

オークション開催、大規模な都市計画などにより、いま超富裕層の注目を集めている香港。本記事では、シンガポール在住ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が、香港で開催されたオークションの詳細や、都市計画「グレーターベイエリア構想」について解説する。

中国・宋代の水墨画が「約68億円」で落札

2018年11月、世界的に有名なクリスティーズのオークションが香港で行われました。このオークションは、宋の時代の詩人・書家である蘇軾(そしょく)の水墨画が、アジアのクリスティーズにおける史上最高額の約68億円で落札され、大きな話題になりました。

 

オークションでは、水墨画はもちろんのこと、世界一大きなサファイアや、巨大なダイヤモンドのネックレス、超高級時計、大量のエルメス・バーキン(その多くはクロコダイルなどのレア物や超高級品)のほか、ピカソやモネ、ゴッホなどの有名絵画も勢ぞろいしました。商品の前にロープがかけられることもないため、たくさんの芸術品、工芸品を間近での鑑賞が可能です。

 

サザビーズやクリスティーズのオークションは、超富裕層だけの世界で、自分には関係ないと思っている人も多いことでしょう。実は、まったく手が届かないものばかりではないのです。

 

たとえば、クリスティーズのオークションの場合は、下は約2万円から上は数百億円まで幅広い金額のものを取りそろえています。世界各地で年間350回以上ものオークションを行っており、2018年度の売り上げは過去最高の約7,600億円を記録しました。

 

2018年度の落札記録によると、絵画で約508億円、不動産で約406億円、宝石で約80億円、時計で約20億円、バッグで約4,000万円、ワインで約3,000万円(1ダース)などの記録が残っています。最近は、ヴィンテージの時計やワインなどに人気が集まっているようですが、さすがに超高価なワインをがぶ飲みした人はいないそうです。

 

ここで不動産と聞いて、「オークションで不動産を落札?」と意外に思う人がいるかもしれません。しかし不動産も「一点物」なので、宝石と同じように価値を感じている富裕層が多いのです。希少価値の高いものには、驚くような高価格がつきます。

 

では、こうした高級品を、いったいどんな人が出品しているのでしょうか。当然、出品者の多くは、世界中にいる資産家たちです。本当の富裕層は会場には来ておらず、代理人に売却を依頼するという話も聞きます。資産家たちが不動産を出品する理由としては、相続が発生した、借金ができた、離婚したといった理由があるようです。

人口「7,000万人」近い大都市圏を構築する計画

バブル真っ盛りの1980年代、日本のオークション市場は世界で最も活発でした。しかし、バブル崩壊以降は、チャイナマネーの影響もあり、市場の賑わいは完全に香港へと移っています。

 

リッチな印象のある香港ですが、実際、物価は非常に高くなっています。物価が高いと言われるシンガポールで暮らす筆者ですら、高いと感じるほどです。シンガポールと比較しても1.5倍ほど、日本と比較すると2倍以上物価が高いように感じました。

 

そんな香港に関する最近のビッグニュースは、「グレーターベイエリア構想」の本格化です。グレーターベイエリア構想とは、香港・マカオや中国南部の広州、深センなどの大都市を結ぶインフラを整備し、人口7,000万人近い大都市圏を構築する計画のことです。

 

その一環として、2018年9月には香港と広州を結ぶ高速鉄道が開通し、出入国の手続きをする時間を含めても、1時間程度で行き来ができるようになりました。

 

さらにその1ヵ月後には、珠海(広東省にある経済特区、マカオと隣接)と香港を結ぶ巨大な橋(港珠澳大橋)が完成。香港~珠海間の所要時間は、これまでは船で4時間かかっていましたが、橋の完成で30分にまで短縮されています。

 

香港までの移動時間が大幅に短くなった広州は、いま注目の自動運転技術やAI技術の開発を手掛ける企業などが拠点を置く先進都市です。香港と広州は、お互いに強い影響を与え合いながら、発展を続けている状況にあります。将来的に、ますます世界の注目を集めていきそうなこの2都市から、今後も目が離せません。

 

 

花輪 陽子
ファイナンシャル・プランナー
 

ファイナンシャル・プランナー
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)CFP認定者

1978年、三重県生まれ。
青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行に入社。
退職後、FPとして独立。2015年から生活の拠点をシンガポールに移し、東京とシンガポールでセミナー講師など幅広い活動を行う。
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)、『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。
「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。
日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」2011年度相談員。
海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営。
まぐまぐ「花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編」を発行。
『日本への警告 米中ロ朝鮮半島の激変から人とお金が向かう先を見抜く』(講談社+α新書) ジム・ロジャーズ 花輪陽子監修

WEBサイト https://yokohanawa.com/

著者紹介

連載少子高齢化でも「老後不安ゼロ」を実現! シンガポールの成長戦略

本記事は、書籍『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)から一部を抜粋し、再編集したものです。

少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図

少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図

花輪 陽子

講談社+α新書

日本が本気でマネしたら世界一の経済大国に! 賢くておもしろい国家戦略。 経済成長率年3.5%、 65歳以上の労働力率3.6割で毎年増加、 人口減少に影響されない社会保障、 共働き大国でも待機児童ゼロ、 外国人労働者4割…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧