今回は、アパート事業において大きな変動要因となる、「金利」と「空室率」をコントロールする方法について見ていきます。

変動要因のコントロールは不動産投資の醍醐味

アパート事業には、2つの大きな変動要因があります。それは、「金利」と「空室率」です。会社で考えれば、入居率(反対が空室率)は売上であり、金利はコストに該当します。利益を出すには売上を上げ(=空室率を下げ)、コストを抑える(=金利を低くする)ことが重要です。事業を成功させるためには、この2つをうまくコントロールする必要があります。

 

この記事はメールマガジン会員様限定です。メールマガジン会員登録(無料)をすると全文をお読みいただけます。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
    本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

    年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

    年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

    大谷 義武

    幻冬舎メディアコンサルティング

    大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。 そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ