投資の定義~実態価値と価格の裁定プロセスとは? その2

本連載は、スパークス・グループ株式会社のウェブサイトに掲載されている「COLUMN / バフェット・クラブの金言」を転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

差異が解消されると判断したら、初めてそこで株を買う

スパークスの社内勉強会「バフェットクラブ」で、頻繁に議論される「投資の定義」について引き続きご説明しています。前回は、株式市場の値付けは完ぺきではなく往々にして間違えるので、企業の実態価値と価格に差が生じる場合があることを、ご紹介しました。

 

それでは、差が生じているなあと思ったときに、いつ、価値と価格の差が解消されるのか(差異の裁定プロセス)を考えてみましょう。それは、前回ご紹介した制度変更に依拠するかもしれませんし、今の日本経済のように、デフレからインフレ基調への変化のような構造的変化に伴うものであるかもしれません。さまざまな理由が考えられるのです。既に起こった事実にしっかり目をやって差異が解消されるものであるという結論に至ったら、初めてそこで株を買い、差異の修正プロセスに参加するのです。

主体的に参加するからこそ「差」が見えてくる

強調しておきたいのは、「主体的に参加する」という部分です。価値というのは、対象に対して受動的であっては測ることができません。客観的ということはありえず、主観的であることが価値評価には不可欠ということから、この表現を盛り込んでいます。「主体的に参加する」からこそ、実態価値と価格の差が見えてくるのです。

 

例えば、ソニーについて現在の株価よりも実態価値は高いという仮説を持ったとしましょう。なぜそう思ったのか。仮説を導き出すにも根拠は必要です。

 

ソニーが高いシェアを誇る画像処理用半導体の需要が一般に想定されるよりも大きいのか、プレイステーションが年末クリスマス商戦で期待よりも売れる可能性があるのかなど、運用者には実態価値と価格の差異が生じていると考える根拠の徹底的な説明が求められます。

 

「主体的に参加する」ことをしないと、仮説が外れた場合でも修正方法が見つけられず、投資は極めて中途半端でいい加減なものになってしまうからです。

 

スパークスを卒業し別の運用会社で働く人と、先日、話す機会がありました。彼女は、「スパークスのファンドマネージャーは、誰もが自分が投資したい会社について、情熱を持ってきちんと言葉で説明してくれた」と振り返ってくれて、とても嬉しく思いました。

 

[PR] <10/27(水)開催> 2022年の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

投資という人格とインテリジェンスを売る仕事のプロフェッショナルになるためには、運用者たちが「仮説を共有する」ことが何よりも大事と考えています。共有した仮説をベースに企業の実態価値と株価の差異をできる限り客観的に分析。そして最後は「主体的に勇気をもって裁定プロセスに参加する」。これこそが、スパークスウェイの原点です。

 

このコラムに関連するマンガを見る

 

(2018年8月3日)

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【9/28開催】フランチャイズ投資を成功させる!事例から学ぶ投資案件の見極め方

 

【9/28開催】ケーススタディで解説!「ハワイ不動産」の出口戦略

 

【9/28開催】現役ヘッジファンドマネジャーが解説!株式マーケットニュートラル戦略

 

【10/6開催】「遺言×家族信託×後見制度」企業・不動産オーナーのための相続対策

 

【10/6開催】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策「オペリース」投資とは?

 

【10/8開催】量的緩和縮小インフレ圧力が強まる中で注目される「資産防衛」とは?

 

【10/8開催】「タンス預金」のグローバル活用術~ビットコイン編

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載阿部修平の投資哲学~「バフェット・クラブの金言」より

このコンテンツは、投資勧誘を目的としたものではありません。また、このコンテンツに登場する企業名はあくまでも参考であり、特定の有価証券等の取引を勧誘しているものでありません。投資に関する決定はご自身の判断において行われるようお願いいたします。当コラムに基づいて取られた投資行動の結果については、スパークス・グループ株式会社、スパークス・アセットマネジメント株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。このコンテンツには、コンテンツ編集部制作担当者の見解が含まれている場合があり、スパークス・グループ株式会社およびスパークス・アセットマネジメント株式会社の見解と必ずしも一致しないことがあります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!