投資の原点…「企業の実態価値を測る」には?

本連載は、スパークス・グループ株式会社のウェブサイトに掲載されている「COLUMN / バフェット・クラブの金言」を転載したものです。

[6/29(火)開催] 家族名義の預貯金、賃貸用タワーマンション…etc.
相続税の税務調査で修正申告に繋がった「申告漏れ」「否認指摘」とは?

B/Sや損益計算書から「経営者の姿」が見えてくる

引き続き、スパークス型投資の原点である「実態価値と価格の差の裁定プロセスに参加する」ということを考えていきましょう。

 

スパークスに入ってきたばかりのアナリストには、「この会社いいですよ、株価が安いですよ」とEPS(一株当たり利益)、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)を並べ立て説明を始めようとする人たちがいます。

 

証券分析の知識がある人に限って、会社全体の総資産や株主資本などバランスシートの大きな形について、良く知らない場合が多いようです。売上高、利益、時価総額を聞いてみるとすぐに答えられなかったりするのです。個人投資家向けのマネー誌を見ていても、指標のランキングが並んでいるものが多いですが、ああいう形で企業を考えてしまうのですね。

 

これでは、「木を見て森を見ず」ということで、正に本末転倒。私はまず、バランスシートで企業の大きさと形を見て、売上高がいくらあって、利益が何億出ていて、社員数はどの位で、どんな風に利益を出している会社なのか、まず大づかみすることが一番大事だと教えています。バランスシートや損益計算書を見ていくと、その企業の経営者の考え方、性格もぼんやりと見えてきます。まずは企業全体の形、イメージをしっかりと理解することです。

同業であっても「企業文化・強みの源泉」には違いが…

さらには、数回お話してきたブランドともつながる話ですが、企業の文化というか強さの源泉を調べていくことが大切です。

 

例をあげましょう。この間、久しぶりに、家電量販店の社内勉強会をしていて、ヤマダ電機とカトーデンキ販売(現在のケーズホールディングス)を1990年代に必死に調べたのを思い出しました。

 

スパークスが創業したのは、日経平均株価が最高値をつけた1989年。その後、大型株の株価が大暴落していく中で、私が注目したのが、従来のパラダイムを壊して新しい成長機会を見つけている中小型株でした。当時は店頭市場株と呼ばれていました。そんな中に勃興期を迎えていた家電量販業界があったのです。

 

大規模小売店舗法の規制緩和という追い風にのって、両社は、巨大メーカーが生産から販売にいたるバリューチェーンを独占し、商品の価格形成も割高できわめて硬直的だった市場に「価格破壊」の新風を吹き込み急成長していました。余談ですが、当時、スパークスも投資し大きな成果を得ています。

 

急成長を遂げたヤマダ電機とカトーデンキでしたが、社風は全く異なりました。ヤマダ電機は山田昇社長。ビクターの商品修理店主からの転身です。私は当時のヤマダ電機を訪問した際に、店舗の奥にあった社長部屋に通されて、山田社長にお話を伺ったのを昨日のことのように思い出します。

 

失礼ながら、ヨレヨレの上着にズボン、白い靴下に黒い運動靴といういでたちでした。そこで山田社長は、目を輝かせながら「現在、群雄割拠の家電量販業界は将来3社に集約されるが、当社はそのうちの一つに絶対入る」と、職人らしい几帳面な語り口で語ったのです。現在、約1兆5,000億円あるヤマダ電機の売上高がまだ300億円だったころの話です。

 

 

成長を見込んで同社は、希薄化を伴う増資を繰り返したので、株主として中止を願うお手紙を差し上げたところ、「増資で得た資金は必ず有効に使い株主にお返しします」と丁寧なお返事を頂戴しました。

 

一方のカトーデンキ、加藤修一社長は、いかにも商人で堅実。現金商売で、社員が無理をしない「がんばらない」経営を当時から標榜していました。「急成長したら会社の寿命が来てしまうから、ゆっくり大きくしよう」と、おっしゃっていました。

 

同じ業界にいても、これほどまでに企業文化が異なるのです。今、両社共に、創業家出身の社長ではありませんが、勉強会でいまだ両社のカラーが変わっていないことを確認しました。

 

「企業の実態価値を測ろう」というと、なんだか大ごとのような気がしてきますが、まずは、こんなところから始めてみれば良いのです。

 

このコラムに関連するマンガを見る

 

(2018年8月17日)

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託とは?

 

【6/23開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべきオルタナティブ投資

 

【6/23開催】これから投資したい方必見!購入から出口まで「ハワイ不動産」投資の全容

 

 【6/23開催】専門税理士による売却時の税務面の解説も!「太陽光発電投資」の出口戦略

 

【6/23開催】最新の「わたす型保険」入門講座~マニアックに使い倒して手残り最大へ

 

【6/29開催】個人でも活用が可能!いまこそ狙い目の小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【6/29開催】業界のレジェンド講師が登壇!実はプロも知らない生命保険活用術

 

【6/29開催】相続税の税務調査で修正申告に繋がった「申告漏れ」や「否認指摘」とは?

 

【6/30開催】フィリピン・マニラの中古物件をバーチャルショーイング

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載阿部修平の投資哲学~「バフェット・クラブの金言」より

このコンテンツは、投資勧誘を目的としたものではありません。また、このコンテンツに登場する企業名はあくまでも参考であり、特定の有価証券等の取引を勧誘しているものでありません。投資に関する決定はご自身の判断において行われるようお願いいたします。当コラムに基づいて取られた投資行動の結果については、スパークス・グループ株式会社、スパークス・アセットマネジメント株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。このコンテンツには、コンテンツ編集部制作担当者の見解が含まれている場合があり、スパークス・グループ株式会社およびスパークス・アセットマネジメント株式会社の見解と必ずしも一致しないことがあります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧