世界を豊かに、健康に、幸せにする―アダム・スミスに学ぶ

本連載は、スパークス・グループ株式会社のウェブサイトに掲載されている「COLUMN / バフェット・クラブの金言」を転載したものです。

アダム・スミスが説いた幸福の定義とは

近年、「バフェットクラブ」で、取り上げるようになったのはアダム・スミスです。

 

富が偏在する現代、日本でも6人にひとりの子供が相対的貧困状態にあると言われます。

 

こんな時だからこそ、急激な経済発展による経済格差が広がった18世紀に生きた「経済学の父」アダム・スミスに学ぶものがあるのではないかと、ひも解いてみたところ、正にそのような記述を見つけたのです。

 

大阪大学堂目卓生教授の「アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界」によれば、スミスさんは、幸福を次のように定義しているといいます。「幸福は平静とenjoymentにある。平静なしにenjoymentはありえないし、完全な平静があるところでは、どんなものごとでも、ほとんどの場合、それを楽しむことができる」。

「健康で、負債がなく、良心に恥のない人」が幸福

それでは、心を平静に保つために必要十分なものは何だとアダム・スミスは考えたのでしょうか。同著は「健康で、負債がなく、良心にやましいところのない人に対して何を付け加えることができようか。この境遇にある人に対しては、財産のそれ以上の増加はすべて余計なものだというべきだろう」と語ります。

 

この2つのスミスの引用は、共に、1759年に発表された「道徳感情論」からなされていることに堂目氏は注目しており、私も驚きました。アダム・スミスというと、1776年の「国富論」の「見えざる手」が有名で、市場原理が全てを解決してくれることを説いた人物というイメージがあります。しかし、その大前提としてスミスは、「道徳感情論」で、人間とは自分だけが幸せであればいいというのでなく、自分よりも困っている人に対するシンパシー(共感)を持つ存在だと定義しており、その前提の上で、人間同士が動き社会を形成すると、「見えざる手」が働き、社会全体の利益をもたらすと考えていたのです。

 

「道徳感情論」では、また、人間には一定以上所得が増えても幸福度が増大しないことを知っている賢明な人とより多くの富や地位が幸福度の増大につながると考える弱い人がいるとしています。ただ経済の成長は、より多くの富を追求する弱い人の存在によって、発展していく側面があると分析しています。

「世界を豊かに、健康に、そして幸せにする」

こうしたスミスの考えに刺激され、スパークスは、コーポレート・ミッションを、「世界をもっと豊かに、健康に、そして幸せにする」としました。資本の水先案内人として、お客様の資産を預かり、必要なところに導くことで、働く人たちも、社会も、そして、株主も幸せにすることができる社会を作りたいと、アダム・スミスの言葉に触発されてイメージを具体化することができたのです。

 

米中の貿易摩擦問題で保護主義的な考え方が台頭しています。「賢人」は姿を消し、人間の「弱い人」の側面ばかりが、目につくようで心配です。そんなことを考えていたら、西日本を集中豪雨が襲い、多くの方々の命が失われました。改めて、ここで私たちは、スミスが唱えた人間は共感できる生き物であるという精神を思い出し、自らが生きていることを幸運と考え、自分だけでなく他人の幸福のために何ができるのかを考えなければいけないのだと思います。

 

このコラムに関連するマンガを読む

 

(2018年7月20日)

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載阿部修平の投資哲学~「バフェット・クラブの金言」より

このコンテンツは、投資勧誘を目的としたものではありません。また、このコンテンツに登場する企業名はあくまでも参考であり、特定の有価証券等の取引を勧誘しているものでありません。投資に関する決定はご自身の判断において行われるようお願いいたします。当コラムに基づいて取られた投資行動の結果については、スパークス・グループ株式会社、スパークス・アセットマネジメント株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。このコンテンツには、コンテンツ編集部制作担当者の見解が含まれている場合があり、スパークス・グループ株式会社およびスパークス・アセットマネジメント株式会社の見解と必ずしも一致しないことがあります。

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧