▲トップへ戻る
小規模宅地等の特例…該当する土地が複数ある場合の節税術

前回は、所有する土地が事業用宅地等に該当するケースについて説明しました。今回は、小規模宅地等の特例が利用可能な土地を複数所有している場合、節税効果をより高くする方法を見ていきましょう。

複数の土地を合わせた「限度面積」まで減額適用が可能

<ココに注意!>

1:小規模宅地等の特例が適用できる土地が複数あるときは、節税効果が高い組み合わせを考える。

2:1カ所の土地だけでなく、複数カ所を限度面積まで減額を適用することが可能。

3:「路線価」「限度面積」「減額割合」などを踏まえながら計算することが大切。

 

小規模宅地等の特例が受けられる「特定事業用宅地等」「特定居住用宅地等」「特定同族会社事業用宅地等」および「貸付事業用宅地等」のうち、複数の区分の土地があるときは、節税額が大きくなるような組み合わせをすることができます。

 

まずは、適用する土地の限度面積を考えます。次の計算式を満たす面積が、それぞれの宅地等の「限度面積」になります。

 

A+(B×5÷3)+(C×2)≦400

A:「特定事業用宅地等」と「特定同族会社事業用宅地等」の面積の合計

B:「特定居住用宅地等」の面積の合計

C:「貸付事業用宅地等」の面積の合計

 

このように、1カ所の土地だけでなく、複数の土地を合わせた「限度面積」まで減額を適用することができます。

路線価が高い土地は、特例による減額も大きくなる

土地の評価額は「路線価×面積」によって算出されます。小規模宅地等の特例による減額も同様に「路線価×面積(限度面積)」で求められるため、路線価が高い土地は、特例による減額も大きくなります。

 

小規模宅地等の特例の節税効果を活かすには、どの土地に適用したほうがいいのかを、比較検討して選択するようにします。

 

自宅があり、賃貸住宅もある場合、同じ路線価であれば、自宅で適用するほうが80%と、大きな評価減になるのは明らかです。しかし、賃貸住宅の土地の路線価が自宅の路線価よりもはるかに高い場合は、そちらを選択したほうが得策といえます。

 

[図表]特例は節税効果が高い方を選択する

 

とはいえ、特例の要件には路線価と限度面積が関わってくるため、一概に路線価だけでは判断できません。そのため、十分な検討を行いながら、どのように小規模宅地等の特例を適用するのかを決めていくことが大切です。

 

<キーワード>

 

路線価(ろせんか)

国税庁が公表する、路線ごとの宅地1m2当たりの土地評価額のこと。相続税や贈与税を課税する際には、路線価を基準に土地の評価額を算定する。評価時点は毎年1月1日時点となっており、7月に発表される。

 

 

曽根 恵子

公認不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士

公認不動産コンサルティングマスター 相続対策専門士 

相続コーディネーターの創始者として1万3000件以上の相続相談に対処。 感情面、経済面に配慮した“オーダーメード相続”を提案し、 家族の絆が深まる「夢相続」の実現をサポートしている。 株式会社PHP研究所勤務後、昭和62年不動産会社設立、相続コーディネート業務を開始。 平成12年NPO法人設立、内閣府認証を取得。 平成13年に相続コーディネートを業務とする法人を設立、 平成15年に東京都中央区八重洲に移転し、平成20年に社名を株式会社夢相続に変更。

著者紹介

連載相続財産の「評価・申告」の際に可能な節税策

本連載は、2018年5月29日刊行の書籍『図解でわかる 相続発生後でも間に合う 完全節税マニュアル 改訂新版』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

図解でわかる 相続発生後でも間に合う 完全節税マニュアル 改訂新版

図解でわかる 相続発生後でも間に合う 完全節税マニュアル 改訂新版

曽根 恵子

幻冬舎メディアコンサルティング

「評価を下げる+納税を減らす」「節税の実績を持つ専門家を選ぶ」で相続税は節税できる! 平成27年の相続税の改正から、基礎控除の引き下げなどがあり、今までに増して相続対策が必要な時代になります。本書は、「亡くなっ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧