リスクも多い仮想通貨投資…「情報収集」のポイントは?

今回は、仮想通貨投資における情報収集の重要性について解説します。※本連載では、ブログ『ニルスの暗号通貨日記』を運営するニルス氏に、仮想通貨投資におけるリスク対策やセキュリティについて解説していただく。

「ネガティブな情報」にも気を配る

魅力ある投資先として近年人気が沸騰している「仮想通貨」。しかし、仮想通貨の投資には様々なリスクが潜んでおり、リスクを軽んじると大きな損害を被る可能性もあります。そこで今回は、仮想通貨投資の情報収集について解説していきます。

 

あらためて言うまでもないことですが、投資において情報収集は非常に重要です。たとえば、株式投資なら四季報・財務諸表から業績や今後の見通しを判断したり、外貨投資なら国際情勢のニュースを頻繁にチェックしたりといったことを行うでしょう。仮想通貨投資においても、開発の進捗状況、パートナーシップの発表や取引所への上場など、日々多くの重要情報が飛び交い、市場価格へと結びついていきます。

 

また、ポジティブなニュースはもちろん、ネガディブな情報にも気を配っておく必要があります。たとえば、取引所がハッキングを受けたとの情報が流れたとき、仮に自分の資産が無事であっても、取り付け騒ぎや資産凍結といった状態に発展しかねません。しかし、いち早く情報を掴めれば、騒ぎになる前に通貨を売却したり、退避させられるかもしれません。

 

さらに、「ハードフォーク(仕様変更による分裂)」や「バーン(総発行枚数を減らすこと)」などは価格に大きな影響を与えるものです。技術的な用語をある程度理解しておかないと、ニュースの意味が分からず出遅れてしまいますので、基礎知識もあわせて覚えておきましょう。

多忙な人はオリジナルな「情報源セット」の構築を

即時性を求められるニュース情報は、可能であれば「一次情報」をキャッチできるようにすることをおすすめします。TwitterやTelegramなどのソーシャルメディアを活用することで、速報をキャッチできる可能性が上がるでしょう。各仮想通貨の公式サイトや海外メディアなど、原文が英語や中国語であっても、翻訳機能や翻訳サイトを使えば八割がた意味を追える場合が多いです。逆に、通貨の特性や用語知識などは、日本語でじっくりと読み込むほうが理解しやすいかもしれません。

 

しかし、片っ端からメディアや公式ホームページ、各SNSの情報をさらっていると、時間がいくらあっても足りません。多忙な生活を送り、情報収集になかなか時間を割けないという方もいらっしゃるかと思います。この場合、自分なりの「情報源セット」を構築することをおすすめします。

 

速報はこのメディアとこのツイッターアカウント、基礎知識を身につけるならこのサイト・・・など、毎日一度はチェックする情報源を決めるのです。その際、可能であれば1つの情報源のみに頼るのではなく、複数の情報源を活用しましょう。あまり増やしすぎても管理が大変ですが、ある程度の数を揃えることで、信頼性・信憑性や速報を捕捉できる可能性が上がります。

 

また、情報収集を行う時間がほとんどないという場合は、一日1回ニュースをチェックする程度に留め、無理な売買を繰り返さずに、時価総額上位の比較的「手堅い」通貨を何種類か積み立て購入するといったリスク分散を行うのも1つの手です。自身の時間やスキルにあわせた情報収集を行っていきましょう。

 

ニルス
サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員として働くサラリーマン

サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員として働くサラリーマン。
仮想通貨は2016年の夏から保有。トレード、マイニング(採掘)などを勉強しながら実践中。
「セキュリティマネジメント」資格保有。非技術者の立場から取れる最低限のセキュリティ対策を中心に、初心者の方に向けて仮想通貨を分かりやすく解説していきます。

著者紹介

連載仮想通貨初心者のためのリスク対策&セキュリティ講座(ニルス)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧