仮想通貨市場内での分散投資はリスク回避に有効か?

今回は、仮想通貨市場内での分散投資分散投資について見ていきます。※本連載では、ブログ『ニルスの暗号通貨日記』を運営するニルス氏に、仮想通貨投資におけるリスク対策やセキュリティについて解説していただく。

仮想通貨同士の分散投資はリスク軽減にはならない!?

新たな投資先として国内外で話題を集めている「仮想通貨」ですが、その種類は2,000を超えています(2018年10月現在)。

 

今回は、「仮想通貨市場内での分散投資はリスク回避になるか?」という点に注目して解説します。

 

投資の格言で、「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。欧米で古くから伝わる「Don't put all your eggs in one basket.」という言葉を日本語に訳したものです。

 

これは「卵を一つのカゴに盛ると、もしもカゴを落としてしまったとき、すべての卵が割れてしまう」ので「複数のカゴに盛れ」、つまり「分散投資をしなさい」という趣旨の格言です。

 

インデックスファンドやロボアドバイザーなど、投資先を分散することでリスクを軽減しつつ資産形成を狙う金融商品・サービスは数多くあります。

 

この格言に従い、仮想通貨の投資先をビットコイン、イーサリアム、ネム・・・と分散させることで、リスクは軽減できるでしょうか。

 

結論から申し上げて、仮想通貨の銘柄に分散投資することは、損失リスクを軽減する目的では大きな効果はないと思います。

 

現状、多くの仮想通貨取引所で取り扱われている仮想通貨にはビットコインとのペアが存在します。仮想通貨取引の大部分にビットコインが介在することで、BTCは事実上の「基軸通貨」となっています。

 

ビットコイン自体、各国政府の規制やETFへの期待などで価格が大きく変動しますが、ビットコインが基軸通貨としてあることで、アルトコインの価格もビットコインに「つられる」現象が起きるわけです。時間差や騰落率の差はありますが、「ビットコインの価格が上がれば、アルトコインの価格も上がる」「ビットコインが下がれば、アルトコインも下がる」という傾向があるのは過去のデータからも明らかです。

 

つまり、仮想通貨を分散保有していたところで、ビットコインの価格が大きく下がれば、保有しているアルトコインの価格も連動して下がることが予測されるのです。

複数銘柄を保有することで、「チャンス」を逃さない

では、仮想通貨の分散投資は全くの無意味なのでしょうか。筆者は、そうは思いません。

 

筆者自身、仮想通貨を複数の銘柄保有していますが、これはリスクの軽減よりもチャンスを逃さないためです。上げ相場でファンダメンタルズの材料となるポジティブなニュースが出たときや、通称「イナゴ」と呼ばれる、暴騰した通貨にさらに後乗りして買いを入れる人が多数出た場合、仮想通貨は一日で数倍、数十倍といった爆発的な価格上昇を過去に見せてきました。

 

常時市場を監視し、初動に気付いた瞬間すぐに買いを入れられる方ならば不要かもしれませんが、そうでない場合は、複数の通貨を持っておくことで複数のチャンスも得られます。「価格が急上昇する将来」を期待した銘柄を保持しておくのも、仮想通貨投資の楽しみ方であると思います。

 

 

ニルス

サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員として働くサラリーマン

サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員として働くサラリーマン。
仮想通貨は2016年の夏から保有。トレード、マイニング(採掘)などを勉強しながら実践中。
「セキュリティマネジメント」資格保有。非技術者の立場から取れる最低限のセキュリティ対策を中心に、初心者の方に向けて仮想通貨を分かりやすく解説していきます。

著者紹介

連載仮想通貨初心者のためのリスク対策&セキュリティ講座(ニルス)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧