▲トップへ戻る
年内にも初認可・・・香港のバーチャルバンク誕生のインパクト

香港金融管理局 (以下、HKMA)は、5月30日に公表したプレスリリースにおいて、バーチャルバンク・ライセンスを今年末か来年前半には認可することを発表した。必要資本額は変わらないものの、「銀行」の50.0%保有という枠組みを取り払い、IT企業へも門戸が開かれた形である。年内には第1号が誕生するというバーチャルバンク。果たして、その狙いはどこにあるのか? 誕生の背景から解説する。

香港初の「バーチャルバンク」が年内にも誕生

香港金融管理局 (Hong Kong Monetary Authority。以下、HKMA)が、今年末から来年前半には認可する、と表明したバーチャルバンク・ライセンス。バーチャルバンク(仮想銀行)とは、既存の銀行のような実店舗は持たず、ITを駆使して顧客獲得からサービス提供まで幅広く金融事業を展開する銀行のこと。日本で言えばネット専業銀行に近いイメージだろう。5月30日に発表されたHKMAのプレスリリースによると、今年8月末までにライセンス発行申請の受付けを開始し、年内にも第1号のバーチャルバンクが誕生する見込みである。

 

アジア最大の金融センターとも言われる香港だが、意外なことに、これまでバーチャル専業銀行は存在していない。香港では、3大発券銀行(HSBC、Standard Chartered Bank、中国銀行)の力が強く、人口も720万人と少ないので、非対面のチャネルだけに特化した新設銀行のニーズは小さいと捉えられ、経営が成り立つかどうか見通せないという意見が根強くあったためだ。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

確かに香港の人口720万人は、東京都の3分の2程度でしかない。しかし、普通銀行だけで200行以上がひしめいて競争し合い、世界中から資金を集める、世界でもトップクラスの金融の街である。その金融センター香港で、新規に銀行業務に参入したいと意欲を持つ企業は、香港内外を問わず極めて多いのも事実である。

申請に興味を示している企業は既に50社以上!?

背景のひとつにあるのが、GDPで世界第2位の規模を誇る中国の存在だ。資本規制がかかる中国にとって、香港の金融市場が果たしている「金融ゲートウェイ」としての役割は大きい。

 

ちなみに、バーチャルバンク・ライセンス取得に必要な最低資本金は、3億香港ドル(約42億5000万円。7月30日現在の換算レート)。普通銀行のライセンス取得に必要な最低資本金額と同額だが、これまでは「銀行」が50.0%以上保有、などとして制限を加えていた銀行ライセンスの取得を、IT会社などにも開放するものだ。

 

このニュースは、Fintechでは中国本土の後塵を拝してきた香港が、「巻き返しの動きに出てきた」と捉えられ、大きく報道された。香港の地元新聞ではもちろんのこと、海外主要メディアでも大きく取り上げられている。一方で、日本では、残念ながら日本経済新聞が控えめに報道した程度の露出しかなかったので、ご存じの方はそれほど多くないかもしれない。

 

報道されたHKMA副長官のコメントでは、「既に50社以上がバーチャルバンクの免許申請に興味を示している」とのことであった。相当にニーズは強く、期待は高まっているようである。

 

今回の件に関して、香港トップクラスの財界人による「数年後には、中国本土の中間層は5億5,000万人になると予想されている。この巨大な中間層の出現に備えておくべきだ」との発言もある。中間層とはいえ、中国本土には、銀行に口座を持ったことのない人が多い。5億5,000万人のうち、10%が香港を通じた金融活動をすると仮定しただけでも、数千万人に及ぶ新たな金融ニーズが、バーチャルバンクを通じ、香港に生まれることになる。

 

今まで金融に縁のなかった数千万から数億の人々が金融機関を使い始める、これまではなかったようなサービスで、そうした人々のマネーを金融市場に取り込む……という発想が持てると、香港でバーチャルバンク・ライセンスを取得し、金融機関として機能を提供することの意味の大きさに気づけるだろう。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

中国本土では、二次元バーコードを使って決済機能を提供している企業が複数あり、既に銀行に近い役割を果たしている。それらの企業が、香港でバーチャルバンク・ライセンスを取得し、同様のサービスを展開するとしたら、相当のインパクトになりそうだ。

 

こうした中国発の「Fintech」の潮流が、今回の新しい動きを加速させた可能性は高い。香港は、これまで、Fintech分野では慎重なスタンスを取り、ニューヨークやロンドンといった他の金融センターからは遅れていると言われてきた。ところが、昨年あたりから、HKMAにCFO (Chief Fintech Officer)職を設置するなど、矢継ぎ早に手を打ってきているのである。

 

Fintech分野でも、一気にアジアナンバーワンに名乗り出ようという意気込みが香港当局には感じられる。ニューヨーク・ロンドンと並ぶ世界の3大金融センター「香港」のメンツにかけても、「Fintech=香港」の評判を勝ち取りにいくという決意が、先の発表には滲み出る。当面、香港でのバーチャルバンクの動きからは目が離せない。

 

 

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンク日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に移り、マーケティング責任者として活躍。2009年からはアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)を創業し、COOに就任。2017年3月よりCIOを務める。

WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧