▲トップへ戻る
米中貿易摩擦 米の関税強化措置に中国の「次の一手」は?

今週(7/28〜8/3)の国際マーケットレポートをお届けする。米の関税強化措置に対する、中国の「次の一手」などが注目だ。

今週(7/28〜8/3)の国際マーケットレポート

 

・トランプ大統領が利上げに不快感を示すなか、9月の実施を示唆したFRB。堅調な米国経済に市場の反応は?

 

・欧州との実務協議開始に合意した米政権が、中国への関税をさらに強化。対抗措置のない中国の次の一手に注目

 

・日銀の新方針で日本国債の利回り上昇。債券買い入れで金利上昇圧力を抑える日銀だが、市場の反応は?

米国経済は引き続き堅調、市場は一歩引く構え

今週までの経済指標から、現状の米国経済状態を評価すると、やはり堅調と言わざるをえない。第二四半期の米国GDP成長率は、年率4.1%と高い伸び。市場が注目する3日の米雇用統計発表も、7月の非農業部門雇用者数の市場予想は19万人増(6月は21万3,000人増)と安定している。

 

米国の中央銀行にあたるFRB(米連邦準備制度理事会)も、1日の公開市場委員会(FOMC)で景気判断を上方修正するなど、足元で異変の兆候は見られない。ちなみに、FRBは9月のFOMCでの利上げ実施を示唆した。トランプ大統領が利上げに不快感を示し、FRBの独立性に市場の注目が集まるが、実施されれば、今年3回目の利上げとなる。

 

一方で市場は、堅調な経済状態への追従には慎重だ。不安視されているのは、米中貿易摩擦を巡る懸念が深まりつつあること、そして、FRBの果敢な利上げ継続による金利上昇が米国経済の腰を折ってしまうことである。来週の金融市場は、これらの懸念を引き続き抱えながらの、神経質な動きを継続することだろう。

米国への対抗措置がなくなった中国は…

貿易摩擦に関して、欧州との間では7月25日に、実務協議の開始に合意して、市場に安堵をもたらしたトランプ米政権だったが、逆に中国に対しては非常に強い姿勢を維持している。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

2日には、2,000億ドル相当の中国製品に課す関税について、税率を当初発表の10%から25%に引き上げることを提案していると発表した。関税を引き上げる理由として、人民元が対米ドルで元安に推移しているため、10%の関税では、措置としての効力が小さいことを挙げている。

 

2,000億ドルとは、米国の中国からの輸入額の4割に及ぶ巨額である。中国の米国からの輸入額は総額でも1,300億ドルしかない。同様の対抗措置を淡々とカウンターで出してきた中国だが、今回のトランプ政権の一手には、同じカードを持ち得ない。

 

中国の反応として、王毅外相は「関税導入という手段だけでは、米政府の主張する米中間の貿易不均衡の解決は実現しない」として、「米国は冷静になって国際社会の声に耳を傾けるべき」とのコメントに止まっている。中国はどんな次の一手を繰り出すかは注目である。

日本国債の利回りが上昇…円金利にまで波及するか?

金利上昇に関連しては、31日に日銀が発表したイールドカーブコントロールに関しての新たな方針が、市場にどう消化されていくかも、注目される。長期債(日本国債)の振れ幅の容認は、結果として、日本国債の利回り上昇という形で、市場の反応を見た。

 

加えて、世界的な需給環境の変化は、米国債利回りにも10年債で3.0%超への利回り上昇をもたらした。金利上昇が、景気の先行きへの懸念を深めることはあっても払拭させることはない。

 

日銀は3日も債券の買い入れオペを実施して、金利上昇圧力を抑える意図を示したが、一度梯子を外される懸念を持った市場を宥(なだ)めることは容易ではない。仮に円金利が上昇するということになれば、為替も反応する可能性がある。金利の落ち着きどころにも注目をしておきたい。

 

 

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOに就き、2017年3月よりCIOを務める。

WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2018年12月08日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧