ハワイ不動産の購入・・・申し込みから登記までの具体的な流れ

前回は、ハワイ不動産の物件見学に「オープンハウス」を活用する方法を説明しました。今回は、購入申し込みから登記までの具体的な流れを見ていきます。

物件が決まれば、あとの取引はほぼ「定型化」

購入する物件が決まれば、あとの取引はほぼ定型化されており、事務手続きは原則として、エージェントとエスクロー会社が代行してくれます。そのため、買主は通常、売主と一度も顔を合わせることがありません。

 

これに対し日本では、残金の支払い、ローンの実行、鍵の受け渡し、登記手続きの委任などを一度に行う「同時決済」というやり方が一般的で、その際に売主、買主、仲介会社、銀行担当者、司法書士などが一堂に会します。

 

ハワイでは、売主との交渉もすべてエージェントを通して行うので、日本の不動産取引のやり方に慣れている人からすると「大丈夫だろうか?」と思うかもしれませんが、アメリカのこのやり方は非常に合理的で安全です。

 

逆に言うと、信頼できるエージェントを選ぶことがとても重要ということになります。

不動産購入のステップ

1.購入申し込み(オファー)

書面で、デポジット(証拠金)を添えて行います。この時点で、ハワイの銀行に口座を開設することをお勧めします。

 

2.売主の返答

オファーに対する売主からの返答が来ます。カウンターオファー(条件変更の申し出)がなければ自分のオファーのまま契約成立、カウンターオファーの申し出があればそれを検討します。
 

3.契約の成立・デポジットの入金

 

4.エスクロー口座の開設

 

5.ホームインスペクション(建物検査)の実施

買主が選んだホームインスペクター(建物検査員)が建物の詳細な検査を契約後7日または15日以内に実施します。費用は買主負担。

 

6.建物検査結果の受理、確認、承認

ホームインスペクションの内容に納得すれば、契約手続きを進めます。

 

※キャンセル

もし、検査の結果、建物の状態に満足できない場合、買主はキャンセルでき、デポジットはホームインスペクションの費用を除き買主に払い戻されます。

 

7.追加デポジットの入金

 

8.事実内容開示書の受理、確認、承認

物件の故障や不具合、事故等に関して、売主が知る限りの情報が記された事実内容開示書を受け取ります。買主は開示書を受け取った後、契約で定められた期間内に内容を確認し、承認するかどうかを決めます。

 

※キャンセル

もし、開示書の内容を確認して承認できない場合、買主はキャンセルでき、デポジットは買主に戻されます。

 

9.各種ドキュメント(関係書類)の受理、確認、承認

●コンドミニアムの場合、コンドミニアムドキュメント、運営状況、規約、役員会の報告書など

●一戸建ての場合、建築許可書のセット、建築許可書の内容、建築規定など

●管理組合の場合、建築規定、規約、役員会の報告書など

 

※キャンセル

もし、各種ドキュメントを確認して承認できない場合、買主は契約をキャンセルでき、デポジットは買主に戻されます。

 

10.名義調査報告書の受理、確認

名義調査報告書には、現在の所有者の名前、ローンにともなう抵当権の有無をはじめ、物件に関する法律上の諸規定などが記載されています。定められた期限内に内容を確認し、不審な点や名義に疑義がある場合、通常、売主は名義を修正し、買主に疑義のない名義を譲渡します。

 

11.土地の測量

一戸建ての場合、売主の負担で土地の測量が行われます。測量の結果、塀などが誤差規定を超えて隣の土地に侵入している場合、隣との同意書を取り交わします。

 

12.シロアリ検査

売主の負担でシロアリ検査が行われます。シロアリの生息が確認された場合、一戸建てでは売主の負担でシロアリ駆除を行います

 

※キャンセル

もし、シロアリが柱や土台に侵食し、構造上の大きな問題が判明した場合、買主は契約をキャンセルでき、デポジットは買主に戻されます。

 

13.最終的な物件のチェック

物件の引き渡し前に最終的な確認を行います。売主の私物やごみの撤去確認、清掃状況や家具付きの場合は家具のチェック、修理依頼をした場合は修理箇所のチェックを行います。

 

14.登記書類のサイン

上記の条件がすべて整った後、登記の書類に署名、公証手続きを行います。

 

15.残金の支払い

残金は登記日の3日前までにエスクロー会社指定の銀行口座に送金します。

 

16.登記完了

登記当日は、エスクロー会社より登記の確認の電話があり、鍵を受け取ります。

株式会社ファミリーコーポレーション
 ファミリーハワイリアルティ 代表取締役

世界最大級の不動産フランチャイズグループ、センチュリー21グループで全国一位、世界七位の営業成績をあげて独立。
全国各地の物件仲介をはじめ、地主の土地活用、パーキング事業のコンサルティング、開発・分譲など、不動産に関するあらゆる事業を手がける。
豊富な知識と実績を生かし、資産形成のためのあらゆる選択肢をクライアントに提供する、不動産活用のエキスパート。

著者紹介

連載ハワイ不動産投資・・・物件購入の基礎知識

 

改訂版 ハワイ不動産攻略完全バイブル

改訂版 ハワイ不動産攻略完全バイブル

冨吉 範明, タカ 河野

幻冬舎メディアコンサルティング

海外への資産分散は、富裕層がポートフォリオを考えるうえでもはや常識となり、その中でさまざまな海外不動産の購入が空前のブームとなっています。 しかし、国ごとの固有のリスクや言語の問題など、日本人が海外不動産を購入…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧