ドイツで「木質燃料の消費」が伸びた理由

今回は、ドイツで「木質燃料の消費」が伸びた理由を探ります。※本連載では、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会顧問、日本木質バイオマスエネルギー協会顧問である熊崎実氏の著書、『木のルネサンス――林業復権の兆し』(エネルギーフォーラム)より一部を抜粋し、日本とドイツにおける「木質バイオマス」エネルギー利用の現状と今後の展望を探ります。

最大の理由は「価格の安定性」にあるが、課題も

以下の図表1には、各種燃料の発熱量当たりの価格の推移が示されている。暖房油や天然ガスに比べると、木質燃料は、これらよりも低いレベルにあり、特にチップの安定性が注目される。これが木質燃料の消費の増大を支えてきた。

 

[図表1]発熱量当たりの燃料価格の推移 ドイツ、四半期別2003Ⅰ~2016Ⅱ、€/MWh

出所)www.carmen-ev.de/infothek/preisindizes
出所)www.carmen-ev.de/infothek/preisindizes

 

ただし、木質チップの価格はバラツキが非常に大きい。原料となるバイオマスの種類やプラントまでの輸送距離によって大差があるからである。安価な木質燃料を、どのようにして安定的に確保するかが極めて重要な意味を持つ。

 

基本的には、木質原料のカスケード利用を徹底するとともに、可能な限りバイオマスの発生地の近くで消費することである。製材工場などの木材加工施設の近隣にバイオマスプラントが設置されていれば、各種の工場残廃材を安定的に確保できるうえに、燃料の輸送距離も短くて済む。

熱供給の分野で大きな期待がかかる「木質燃料」

ドイツ政府の長期目標によると、温室効果ガスの排出量を2050年までに1990年比で80~95%減らすという目標を掲げている。電力については、再生可能エネルギーの比率を2025年までに40~45%、2035年までに55~60%、2050年までに80%にまで高めるという。

 

2015年の時点で、この比率は31.6%に達しており、順調な滑り出しになっている。772015年の電源構成で見ると、風力・太陽光が63%を占める。この両者は、今後さらなる増加が期待されている。

 

現在のところ、バイオマスは26.8%のシェアを持っているものの、固形バイオマスに限ると5.8%に過ぎない(以下の図表2参照)。バイオマスは、資源的な制約もあって発電量を現在以上に増やすのは難しいとされている。

 

[図表2]再生可能エネルギー電力の発電量と電源構成の推移 ドイツ、1990~2015年

(参考)2015年のバイオマス発電26.8%の内訳    バイオガス16.8、固形燃料5.8、生物系廃棄物3.1、汚水・水肥ガスなど1.1 出所)BMWi: Ernererbare Energien in Zahlen 2016
(参考)2015年のバイオマス発電26.8%の内訳
   バイオガス16.8、固形燃料5.8、生物系廃棄物3.1、汚水・水肥ガスなど1.1
出所)BMWi: Ernererbare Energien in Zahlen 2016

 

その一方で、再生可能な熱については、電力に比べて増加のスピードが遅く、総熱消費に占めるシェアも2015年の時点で13.2%にとどまっている(以下の図表3参照)。熱源構成で特徴的なのは、バイオマスが依然として9割近くのシェアを保っていることだ。固形バイオマスの割合は若干低下しているものの、その減少分がガス状・液状のバイオマスで埋められている。太陽熱や地熱・ヒートポンプによる熱供給が意外なほど増えていない。

 

[図表3]再生可能エネルギー熱の最終消費と熱源構成の推移 ドイツ、1990~2015年

出所)BMWi: Ernererbare Energien in Zahlen 2016
出所)BMWi: Ernererbare Energien in Zahlen 2016

 

ドイツ政府は、再生可能な熱については達成目標値を提示していないが、バイオマスは資源の制約があるし、太陽熱・ヒートポンプの普及にも不確実な点があって、予測しにくいからであろう。再生可能エネルギー熱の供給を増やすことよりも、熱の消費を減らすことに力点を置いているように見える。

 

それはともかく、熱供給の分野で木質燃料に大きな期待がかけられていることは疑いない。

筑波大学名誉教授
(一社)日本木質ペレット協会顧問
(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会顧問 

1935年、岐阜県生まれ。林業試験場(現:森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、(一社)日本木質ペレット協会顧問、(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会顧問。専門は、国際森林資源論、農学博士。

主な著書に『熱電併給システムではじめる木質バイオマスエネルギー発電』(日刊工業新聞社)、『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)、『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか。

著者紹介

連載日独事情に見る「木質バイオマス」エネルギー利用の展望

木のルネサンス――林業復権の兆し

木のルネサンス――林業復権の兆し

熊崎 実

エネルギーフォーラム

森林政策の第一人者が、地域における「エネルギー自立」と「木材クラスターの形成」を説く。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ