積み立て投資には「バランス型ファンド」が最適な理由①

今回は、コツコツ積み立て投資には「バランス型ファンド」が最適な理由を説明します。※本連載は、株式会社マイエフピー代表取締役、家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏監修のムック、『お金が増える本』(マキノ出版)から一部を抜粋し、知識ゼロでもできる「1000円からのコツコツ投資」について詳しく説明します。

初心者に「株の売り買い」は難しいが・・・

横山式「コツコツ投資」のやり方を一言で言うと、「バランス型投資信託を毎月積み立てで買う」ということです。ではまず、バランス型投資信託とは何かをご説明しましょう。

 

投資信託(ファンドとも言います)は、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが、購入者から預かった資金を運用してくれる金融商品のことです。

 

同じ投資でも、個別の会社の株を買うという場合には、まず、どの会社にするかを検討しますね。買った後は株価の動きを確認して、必要に応じて売り買いをします。こうしたことは、初心者には難しいでしょう。

 

投資信託の場合、ひとたび買えば、あとは放っておけばプロが勝手に増やしてくれる、という感覚です。もちろん、経済状況そのほかで損が出る可能性もありますが、商品を選ぶことで、リスクはかなり低く抑えることができます。

放っておけばプロが運用してくれる「投資信託」

この投資信託にもさまざまな種類がありますが、中でも初心者にイチ推しなのが前述の「バランス型投資信託」です。これは、複数の資産や市場へバランスよく投資する投資信託のことです。ある投資先で損失が出ても、ほかの投資先でカバーしやすいというわけです。

 

例えば、経済状況にもよりますが、一般論として、株式と債券はシーソーのように反対の値動きをする関係です。その両方に投資することで、ダブルで損失を被るのを避けられます。

 

また、日本国内と違う値動きをする外国の株式と債券も加えることで、よりリスクを分散でき、安定した運用が実現しやすくなります。こうした分散投資を個人でやろうとしたら、かなりの資金と知識が必要です。でも、バランス型投資信託なら、マネーの知識がゼロの初心者でも、小さな元手で始められるわけです。

 

 

この話は次回に続きます。

株式会社マイエフピー 代表取締役
家計再生コンサルタント
ファイナンシャルプランナー 

北海道出身。お金の使い方そのものを改善する、独自の家計再生プログラムで、これまで10,000人以上の赤字家計を再生した敏腕FP。マンツーマンで行う家計面談のかたわら、書籍・雑誌への執筆、メディア出演や講演も多数。お金の悩みが相談できる店舗を展開する、mirai talk株式会社の取締役共同代表も務める。最近は、日本経済新聞の電子版「もうかる家計のつくり方」が好評。家に帰ればかわいい盛りの1男5女の父。

著書に、累計100万部を超えるベストセラーとなった「年収200万円からの貯金生活宣言」シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、各メディアで紹介され、たちまち累計57万部を突破した『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)、『お金が貯まる人って何をしているんですか?』(KADOKAWA)、『めざせ1000万円!20代からの貯金と投資の鉄則』(小学館)、『お財布を小さくしたらお金が貯まりました。』(宝島社)、『1日500円の小さな習慣 「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!』(幻冬舎)、『節約の9割は逆効果 貯蓄体質になるお金の習慣とコツ』(朝日新聞出版)、『“一週間サイフ"で楽々お金が貯まる』(プレジデント社)、『1年で100万円貯められる ゆる貯め家計』(星雲社)などがあり、雑誌、新聞、TV、ラジオで活躍中。

著者紹介

連載知識ゼロでもできる「1000円からのコツコツ投資」ガイド

 

お金が増える本

お金が増える本

横山 光昭

マキノ出版

今の家計の状態は、未来の自分へとつながっています。人生100年時代と言われる今、お金を貯めて適切に増やし、人生に必要なお金をきちんと確保していく力が、これまで以上に求められています。 そのためにたいせつなのは、一…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧