今回は、「店舗型」「ネット証券」のどちらの証券口座が有利なのかを探ります。※本連載は、株式会社マイエフピー代表取締役、家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏監修のムック、『お金が増える本』(マキノ出版)から一部を抜粋し、知識ゼロでもできる「1000円からのコツコツ投資」について詳しく説明します。

手数料や利便性の面で圧倒的に有利な「ネット証券」

実際に横山式「コツコツ投資」を始めるには、証券会社で証券口座を開設します。証券会社には、店頭で金融商品を直接売買する店舗型と、インターネットで取引する証券会社(ネット証券)があります。

 

[図表1]店舗型の証券口座とネット証券口座の比較

○=メリット △=お好みしだい ×=デメリット
○=メリット △=お好みしだい ×=デメリット

 

店舗型では、担当者から情報やアドバイスをもらえるので、そのほうが安心だと思うかたもいるでしょう。でも、私のお勧めは、はっきりネット証券です。それぞれの比較を上に挙げていますが、手数料や利便性の面では圧倒的にネット証券に軍配が上がります。

 

基本的に対面アドバイスはありませんが、横山式「コツコツ投資」は、バランス型投資信託を積み立てるだけですから、アドバイスが必要な状況はほとんどないはずです。また、ウエブページ上で必要な情報は得られますから、パソコンやスマートフォンに抵抗がなければ、ネット証券を選んで間違いないでしょう。下に、私がお勧めするネット証券を挙げたので参考にしてください。

 

[図表2]横山先生のお勧めネット証券

 

ネット証券で取引をする際には、自分の銀行口座から入金したり、自動引落の設定をしたりする必要があります。証券会社と同じ系列の銀行と連携させるとメリットがあることが多いので、あらかじめチェックしておきましょう。連携しているネット銀行口座を新たに開設する手もあります。

 

[図表3]ネット証券の講座開設の流れ

 

口座を開設する証券会社を決めたら、その会社のウエブページにアクセスして、ネットから口座開設の申し込み手続きをします。その際にはマイナンバーと、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。個人番号カードを持っていない人は、マイナンバー通知カードを用意します。

 

ほとんどのネット証券で、必要な書類をスキャンしたり、デジカメやスマートフォンで撮影したりして画像を用意し、それをアップロードすればユーザー側の手続きはすべてネットで完結します(郵送でのやり取りも可能です)。

 

手続き終了後、口座番号やパスワードなどが郵送で届き、ログインをすると取引スタンバイの状態になります。

 

なお、口座開設手続きで初心者が戸惑うポイントに、「特定口座・一般口座」と「源泉徴収のあり・なし」の選択があります。これを読んでいる皆さんは、基本的に「特定口座」「源泉徴収なし」を選べばOKです。

 

理由は以下のとおりですが、ざっくり言うと、それらを選んでおけば、確定申告などのめんどうな手続きがいらないうえ、払う必要のない税金を払ってしまう心配もないからです。横山式「コツコツ投資」だけをする人なら、当分は「特定口座」「源泉徴収なし」で問題ありません。

 

[図表4]初心者は「特定口座」「源泉なし」を選ぼう

商品を購入したら、放っておくだけでOK

さて、取引が可能になったら、前回ご紹介したバランス型投資信託を積み立てで購入します。

 

商品検索や投資信託の商品一覧から意中の商品を選んだら、まず、商品内容が詳細に記された「目論見書」に目を通します。確認後、積み立て金額や毎月の購入日を設定します。確定させたら、晴れて、横山式「コツコツ投資」生活の始まりです。

 

あとは放っておくだけでOKです。投資成績をこまめに確認しすぎると短期的な上下に動揺しがちなので、その意味でも放っておくのがお勧めです。

あなたにオススメのセミナー

    お金が増える本

    お金が増える本

    横山 光昭

    マキノ出版

    今の家計の状態は、未来の自分へとつながっています。人生100年時代と言われる今、お金を貯めて適切に増やし、人生に必要なお金をきちんと確保していく力が、これまで以上に求められています。 そのためにたいせつなのは、…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ