今回は、「つみたてNISA」の概要を説明します。※本連載は、証券アナリスト/AFPの頼藤太希氏、CFP/DCプランナーの高山一恵氏の共著、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(standards)から一部を抜粋し、「つみたてNISA」の基本についてわかりやすく解説します。

投資にかかる税金を「最大800万円」なくすことが可能

ここまで投資信託とNISAをざっと紹介してきました。メリットは大きいのですが、積み立て投資で利用しようとすると、初心者には使いにくい部分があるのも事実です。それらを解消したいいとこどりの制度が、2018年にスタートしたつみたてNISAです。名前のとおり、積み立て投資に適した制度になっています。

 

つみたてNISAは、NISAと同じく、投資で得られた利益に対する税金を非課税にできる制度です。毎年の非課税投資枠は40万円と、NISAの3分の1なのですが、非課税期間は20年間と、NISAの4倍。つまり、最大800万円の投資にかかる税金をなくせるのです。

 

つみたてNISAで買える金融商品は、金融庁が定めた一定の基準を満たした投資信託・ETFです。もちろん、基準を満たした金融商品がすべて値上がりするとは限りません。しかし、明らかに初心者に不向きなしくみのものや積み立て投資に適さないものは除かれるので、投資先を選びやすくなります。

 

次回より、つみたてNISAののメリットをもう少し詳しく紹介していきます。

 

 用 語 解 説 


●ETF(上場投資信託)

株式と同じように、株式市場で売買できる投資信託。日経平均株価やTOPIXといった指標と同じような値動きをすることを目指して運用される

 

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、スタンダーズ株式会社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

    イラスト:ひろいまきこ

    つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!

    つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!

    頼藤 太希,高山 一恵

    standards

    ●教育・住宅・老後…人生何かとお金がかかる! 昔は預けておけば増えたお金。でも、今は自分で運用する時代です。成人後のライフイベントには何かとお金がかかるもの。それらが終わると、今度は老後資金・介護費用などが必要…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ