▲トップへ戻る
日本人が先進国の中で最も「預金好き」になった理由

本連載は、セゾン投信株式会社社長の中野晴啓氏の著書、『はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法』(アスコム)から一部を抜粋し、投資信託を活用した、初心者向けの資産形成術を紹介します。

投資に興味はあっても、結局は銀行に預けっぱなし!?

はじめに、おうかがいします。

 

みなさんは、投資に興味がありますか?

 

おそらく、この本を手に取られた方のほとんどは、「はい」と答えるでしょう。

 

では、続いての質問です。

 

みなさんは、今まで投資をしたことがありますか?

 

この問いに対する答えはさまざまでしょう。

 

「すでに投資を始めており、もっといい投資方法を知りたい」という人もいれば、「一度投資に失敗して以来、怖くて手を出せない」という人もいるはずです。

 

また一方で、

 

「手元に少しでも現金がある方が安心できる」

 

「投資に対して、なんとなく恐怖心がある」

 

「投資方法や金融商品が多すぎて、何に投資したらいいかわからない」

 

といった理由から、

 

「投資に興味があり、情報を集めたものの、さんざん迷ったり悩んだりした挙句、結局、銀行にお金を預けっぱなしにしている」

 

そんな人も、少なくないのではないでしょうか。

日本人の「預金好き」は、戦後の政策に起因する!?

実際、日本人の「預金好き」は、先進国の中でも群を抜いています。

 

日本銀行調査統計局が2017年8月に発表した「資金循環(じゅんかん)の日米欧比較」によると、家計における金融資産の構成は、

 

●現金・預金:日本…約52%、米国…約13%、欧州…約33%

●投資信託・債務証券・株式等:日本…約17%、米国…約52%、欧州…約31%

 

であり、日本の現金・預金の割合が圧倒的に高く、投資信託や債務証券、株式等の割合が低いことがわかります。

 

こうした、日本人の預金好きは、戦後の政策によって生まれたものです。

 

戦争によって荒廃した日本を立て直すためには、金融機関に国民のお金を集めて企業に貸し出し、産業を活性化させるのが、もっとも効率的でした。

 

そこで政府は、「預金は安全である」「預金はいいことである」という価値観を人々の間に浸透させたのです。

 

実際、国民の預金に支えられて日本は高度経済成長を遂げ、預金者へのリターン(利息)も多く、人々は金融機関にお金を預けているだけで、資産を増やすことができました。

 

おそらくみなさんも、子どものころ、お年玉をもらった際などに、親から「ムダ遣いせず、貯金しておきなさい」と言われたことがあるのではないかと思います。

 

「預金はいいことである」という価値観は、このようにして、知らず知らずのうちに日本人の中に刷り込まれ、今も息づいているのです。

セゾン投信株式会社 代表取締役社長

1987年、明治大学商学部卒業。セゾングループの金融子会社にて資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。2006年セゾン投信株式会社を設立。2007年4月から現職。全国各地で行う講演やセミナーを通じ、本物の長期投資を生活者に広める活動を日々続ける。趣味は歌舞伎鑑賞、鉄道。

著者紹介

連載投資初心者のための「投資信託」を活用した資産形成術

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、アスコム、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

中野 晴啓

アスコム

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法。それは・・・ 毎月、コツコツと「ある条件」を満たした投資信託を購入すること。 たったこれだけです。 お金の知識がなくても、資金の余裕がなくても、それだけで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧