▲トップへ戻る
資産運用に「ゴール」はなく、設定する必要もない理由

今回は、資産運用の「ゴール」設定の必要性について見ていきます。※本連載は、セゾン投信株式会社社長の中野晴啓氏の著書、『はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法』(アスコム)から一部を抜粋し、投資信託を活用した、初心者向けの資産形成術を紹介します。

残り時間が少ない世代は「投資をしても無駄」なのか?

ところで、前回の記事『なぜ若い人こそ積極的に「投資」を行うべきなのか?』でご紹介したようなお話をすると、今度は50代以上の方が「自分たちは残り時間が少ない」「今さら投資を始めても、ムダなのではないか」とおっしゃることがあります。

 

そのような方に対しても、私は必ず、

 

「投資を始めるのに、遅すぎることもありません」

 

と答えるようにしています。

 

多くの人はなぜか、定年を迎えたり、公的年金の支給が開始されたりする60〜65歳を「資産形成のゴール」に設定し、「その年齢までに、老後の資金を全部つくっておかなければ」と考えがちです。

 

それまでまったく資産形成をしてこなかった人が、いきなり50歳から投資を始め、10年や15年で、その後の人生のために十分な資金をつくろうと思ったら、かなり無理をしなければならないでしょう。

運用をやめない限り、資産は育ち続ける可能性がある

しかし、もし50歳の方が、自分の生涯を通じて投資を継続したらどうでしょう。

 

たとえば、50歳から65歳まで毎月10万円ずつ積み立て投資をし、年平均の運用期待利回りが3%だとすると、15年間に2275万4,000円の資産をつくることができます。

 

その後、そこから毎月15万円ずつ引き出して生活費に充て、残りをやはり年平均3%で運用すれば、15年11か月間は残高を維持することができます。引き出す額を減らしたり、もう少し運用利回りがよくなったりすれば、それだけ長く、お金をもたせることができるのです。

 

運用をやめない限り、資産は育ち続ける可能性がありますし、自分自身がこの世を去った後は、その資産を家族に引き継がせたり、寄付し、社会のために役立てたりすることができます。

 

資産運用にゴールはなく、ゴールを設定する必要もないのです。

 

Point

投資を早く始めれば、それだけ大きな資産をつくる可能性ができるため、ゴールを決めずに運用を続けることが大事。

セゾン投信株式会社 代表取締役社長

1987年、明治大学商学部卒業。セゾングループの金融子会社にて資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。2006年セゾン投信株式会社を設立。2007年4月から現職。全国各地で行う講演やセミナーを通じ、本物の長期投資を生活者に広める活動を日々続ける。趣味は歌舞伎鑑賞、鉄道。

著者紹介

連載投資初心者のための「投資信託」を活用した資産形成術

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、アスコム、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

中野 晴啓

アスコム

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法。それは・・・ 毎月、コツコツと「ある条件」を満たした投資信託を購入すること。 たったこれだけです。 お金の知識がなくても、資金の余裕がなくても、それだけで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧