▲トップへ戻る
個別株との比較で見る「投資信託の優位性」とは?

今回は、個別株と比較して投資信託の優位性を見ていきます。※本連載は、セゾン投信株式会社社長の中野晴啓氏の著書、『はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法』(アスコム)から一部を抜粋し、投資信託を活用した、初心者向けの資産形成術を紹介します。

少ない資金でも分散投資可能、少しずつ買える

「投資」というと、多くの人は、個別株の売買をイメージするかもしれません。

 

しかし個別株を買うには、ある程度まとまった資金が必要です。

 

個別株の場合、銘柄(めいがら)ごとに最低取引株数(単元株)が決まっており、たとえば1株の価格が1000円、単元株数100株の銘柄を買おうと思ったら、最低購入金額は10万円となります。

 

もし単元株数が1000株なら、100万円用意しなければなりません。

 

投資で成功するためには、投資先をできるだけ分散させ、リスクを分散させることが不可欠ですが、個別株で分散投資を行おうとすると、かなりの資金を準備する必要があります。

 

その点、投資信託は、「大勢の投資家が少しずつお金を出し合って大きな資金をつくり、投資する」仕組みになっており、たいていの場合、ファンドマネジャーは、複数の国や企業に投資し、投資信託全体では大きな損失が生じないようにしています。

 

そのため、個人で個別株に投資する場合に比べ、はるかに少ない資金で、分散投資を行うことができるのです。

 

また、個別株と違って、積み立てで少しずつ買い増していくことができるのも、投資信託の大きな魅力です。

「独立系の投資信託委託会社」とは?

なお、従来日本では、投資信託委託会社は商品の開発・運用を行い、販売については証券会社や銀行などの「販売会社」が行ってきました。

 

ところが、1992年4月に投資信託委託会社による投資信託の直接販売が認められ、以後、さわかみ投信、ありがとう投信、セゾン投信、レオス・キャピタルワークスなど、証券会社や銀行を親会社にもたない「独立系の投資信託委託会社」があらわれるようになりました。

 

投資信託の多くは、一般の証券会社や銀行で買えますが、自社で運用する投資信託を直接投資家に販売している、独立系の投資信託委託会社の商品を買うためには、その会社の証券口座を開設する必要があります。

 

Point

投資信託の販売会社は、証券会社や銀行だけではなく、

直販を行っている独立系の投資信託委託会社もある。

セゾン投信株式会社 代表取締役社長

1987年、明治大学商学部卒業。セゾングループの金融子会社にて資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。2006年セゾン投信株式会社を設立。2007年4月から現職。全国各地で行う講演やセミナーを通じ、本物の長期投資を生活者に広める活動を日々続ける。趣味は歌舞伎鑑賞、鉄道。

著者紹介

連載投資初心者のための「投資信託」を活用した資産形成術

本連載は、特定の金融商品の推奨や投資勧誘を意図するものではありません。また、投資にはリスクがあります。積立による購入は将来の収益を保証したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、アスコム、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

 

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法

中野 晴啓

アスコム

はじめての人が投資信託で成功するたった1つの方法。それは・・・ 毎月、コツコツと「ある条件」を満たした投資信託を購入すること。 たったこれだけです。 お金の知識がなくても、資金の余裕がなくても、それだけで…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧