ネットに掲載した物件の強みを「内覧者」に訴求するには? 

前回は、設置すると入居希望者が増える「共用部の設備」を取り上げました。今回は、ネットに掲載した物件の強みを「内覧者」に訴求するポイントを紹介します。

ネットでのアピールポイントは、内覧時も必ず訴求

ここまで大手不動産情報ポータルサイトでの集客を意識した賃貸住宅づくりのノウハウを公開してきた。繰り返しになるが、そのポイントは大手不動産情報ポータルサイトのチェックボックスだった。賃貸住宅をさがしている人が自分の希望する物件の条件を選んで検索するために利用されるこのチェックボックスに、あなたの物件の情報が正確に反映されていないと、せっかく苦労してつくったアピールポイントも生きてこない。

 

あなたの賃貸住宅の情報を大手不動産情報ポータルサイトにのせる際には、さまざまな情報を「物件資料」として提供する。その際、とくにチェックボックスに対応する項目は、繰り返しチェックし精度の高いものにしておきたい。たとえば風呂の追い炊き機能、温水洗浄便座、トイレとバスは別などの項目にチェックを入れ忘れているだけで、大手不動産情報ポータルサイトからの流入客数は激減すると心得たい。

 

このようにネット上でアピールポイントと強調する部分は、入居希望者が内覧にきた際、すぐにわかるようにPOPなどをつけておくといい。これを写真にとってポータルサイトにあげておけば、入居希望者にさらにアピールできる。

 

またフリーレントやキャッシュバック、家電付きプラン、家具付きプラン、など現場で再現しにくいサービスも、写真や文章で示したポスターにしてはっておけばわかりやすい。

 

もちろん現地にのぼりや募集看板、物件案内資料を備え付けるのはお約束だ。

 

[図表]

ターゲットに刺さりそうな周辺施設の情報をマップ化

また大手不動産情報ポータルサイトや提携している不動産会社ホームページに提供するビジュアル情報にも、ひと工夫がほしい。

 

とくにあなたの賃貸住宅の周辺情報をマップとしてビジュアル化するときは注意が必要だ。ポイントは単身者が日常生活で利用する施設を選んで分かりやすくビジュアル化することだ。交通機関や公共機関の位置はもちろんだが、コンビニエンスストアや深夜営業のスーパー、ファーストフード店などは必須だ。逆にファミリータイプでは必須の学校や幼稚園・保育園、総合病院など、単身者にとって必要度の低い施設は整理してもいい。

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧