▲トップへ戻る
設置すると入居希望者が増える「共用部の設備」とは?

前回は、内覧に来た入居希望者を逃さない「素敵な共用部」の作り方を説明しました。今回は、設置すると入居希望者が増える「共用部の設備」を紹介します。

ネット通販全盛の今は「宅配ボックス」が人気

ところで部屋の内部だけでなく、ポータルサイトのチェックボックスには共用部の設備欄もあり、共用部の設備をどう充実させていくかは、ネット集客を意識した戦略をたてる上で重要だ。

 

たとえばいま共用設備で入居希望者に人気が高いのは、なんといっても宅配ボックスだ。20代から30代の単身者は、会社の働き頭にもなっていて残業も多く、平日に荷物が届いても受け取れないことが多い。またこの年代は通信販売で買い物をすることも多いので、宅配ボックスの有無は、最終的な判断に大きく影響する。

 

60センチ×45センチの大きさでひとつ5万円から6万円だから、それほど大きな出費ではない。経験的にいうとだいたい10室に1戸の割合で設置するのがいいようだ。

 

ただ宅配便業界から流れてくる情報では、いまや宅配ボックスは奪い合いだという。再配達を避けたいのはどの宅配便のドライバーも同じだ。最近ではアマゾンが日用品を一個単位から組み合わせて宅配してくれるサービスをはじめた。このサービスを利用するとトイレットペーパーや洗剤などの日用品をコンビニ感覚で買えるようになる。帰りの遅い単身者にとって願ってもないサービスだ。そうなるとネックは宅配ボックス。各戸にあらかじめ宅配ボックスを備えた賃貸住宅が出てくる日も遠くないかもしれない。

 

[図表]宅配ボックス

 

ふた付きダストボックス設置で「24時間ゴミ出し化」

水廻りに使われるダイノックシート(第9回参照)は、共用部でも大活躍だ。とくに汚れやすいエレベーターの壁面にはると、抗菌性があって汚れがつきにくい。張り替えや補修も簡単なので引越しなどで傷がつきやすいエレベーターには最適の素材だ。また共用部の廊下には専用の長尺シートを敷くと、傷がつきにくく、交換すれば美観を保ちやすい。

 

[図表]

 

さらに、汚れていたり傷んだままだと印象が悪い室名札や郵便受(ポスト)も定期的に交換するといい。錆びた郵便受けにチラシやダイレクトメールがあふれている光景は、管理ができていない賃貸住宅の典型だ。こんなふうにならないように気をつけたいものだ。

 

単身者の多い賃貸住宅で問題になるのがゴミの管理だ。分別ができなかったり、ゴミの種類によって違う「ゴミ出し日」を守れないといったように、居住者に問題がある場合も多いが、そもそもゴミ置き場がきちんと設置されていなかったり、ゴミ置き場が破損・汚損しているなど、大家さんの責任を問われる場面も少なくない。ゴミ置き場の管理・修繕は最優先で行うべきだ。またきちんとふたの閉まるダストボックスを設置し「24時間ゴミ出し可」とするとネット上でもアピールできる。

 

[図表2]ダストボックス

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

 

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧