東京 vs. 地方の1Rマンション、投資に有利なエリアはどっち?

前回は、ワンルームとファミリータイプ、どちらの間取りの投資利回りが良いかを説明しました。今回は、都心の物件と地方の物件を比較します。

「東京の単身世帯数」は2035年まで増加傾向!?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催効果で、最近は都心部の物件価格が高騰しています。「これらはビジネスパーソンには手が出しにくい」と、地方の物件を紹介する業者も増えてきました。

 

地方の物件は東京よりも家賃は低くなり、その分、安く手に入るので利回りはそれほど変わらないことをアピールする業者もいます。入居率が100%であればそうかもしれませんが、空室リスクは東京よりも地方のほうが高くなります。

 

ワンルームマンションの場合、入居者は単身者がターゲットになります。下記のグラフは東京都の単身世帯数の予測です。少なくとも2035年まで単身世帯数が増加すると見込まれています。

[図表]東京都の単身世帯数の予測

少子高齢化が進み、日本の人口が減っていくなかでも、東京の単身世帯数が増えていくのか。単純に生涯結婚しない「おひとりさま」が増えていることもあると思いますが、人口の一極集中が進んでいることも大きく影響しているでしょう。

 

「経費率」を見ても、地方より都心が有利

もう一つ知っておきたいのは家賃収入に占める経費率です。東京に比べて地方の物件は家賃水準がどうしても低くなります。しかし、固定費としてかかる経費はあまり変わりません。地方の物件では経費の占める割合が大きくなり、実質的な利回りが下がります。

 

このように考えると地方よりも東京の物件のほうが有利といえるでしょう。

 

本連載は、2018年1月23日刊行の書籍『決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載失敗しないワンルームマンション投資…物件選び・購入のポイント

株式会社レイシャス 代表取締役

不動産会社にて支店長、営業本部長執行役員を歴任し、2011年に株式会社レイシャスを設立。タックスプラン、リタイアメントプランを絡めた不動産コンサルティングに定評がある。AFP、宅地建物取引士。自身も投資不動産を所有している。

著者紹介

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

決定版! たった90分で人生が変わるワンルームマンション投資入門

住吉 秀一

幻冬舎メディアコンサルティング

90分でまるわかり! 本当に本当の「初心者向けの不動産投資本」です! 世の中に数多く出版されている不動産投資本。初心者向けとうたっていても、その実は専門用語が多かったり、わかりにくい計算式が書かれていたり……。ぱ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧