相続した土地・・・将来の「有利な売却」を見越した分割方法

今回は、相続した土地を将来有利に売却するための「分割パターン」を見ていきます。※本連載は、豊田剛士氏の著書、『「知らなかった」ではすまされない 地主・大家の相続対策の本質』(現代書林)の中から一部を抜粋し、相続発生後の流れから具体的な相続対策まで、相続対策の本質を詳しく紹介します。

不動産業者が「高く購入する分割」を逆算して考える

相続税の納税や相続人の自宅建築、小規模宅地の特例の面積以上ある土地建物の有効活用、遊休地の有効活用を考える際に、土地をどう分割するのが最有効活用なのかの判断を迫られる場面があります。アパートやマンションに適した土地かどうかという検討も必要ですが、アパートやマンションを建築せず、土地を売却して資産を組み替える、納税資金などのためにキャッシュに変えることが一番の最有効活用というケースが多くあります。

 

そのようなとき、土地の分割をどう考えればよいのでしょうか。マイホームを建築するなどの一般の消費者が購入できる価格帯の土地でなければ、多くは不動産業者に売却するという選択肢が多いです。ということは、土地の分割を考える際には、どのように分割しておけば、不動産業者が高く購入するかを逆算して考えておけばいいわけです。

 

たとえば、[図表1]のような土地があったとしましょう。この土地の将来の売却を見据え、資産価値を高くするためにはどう分割するか。2人の相続人が2区画と3区画ずつ取得し、将来相続税の納税などで売却するという想定で、[図表2]のパターン①、パターン②、パターン③で考えてみます。

 

[図表1]

 

[図表2]

 

このなかで、パターン①は不整形(旗竿地)が多くなるので、業者への売却価格が下がるため選択肢から消えます。パターン②の場合は整形地が多くなるので、土地を一括して売却する際は最も高くなる可能性があります。2人の相続人が相続をするが、同時売却ではなく各々の考えでどう使っていくかは任せるという状況のときは、パターン②よりもパターン③のほうが2区画と3区画に分けたとき、それぞれが整形地になるのでパターン③のほうが使い勝手がよいでしょう。このように同じ土地でも、使い方一つで不動産の価値が変わります。相続の現場では、遺産分割で土地を分けるときにこのような最有効活用を考えずに分割してしまうケースが多いです。1つの土地を2つに分けるという非常に単純な場面などでもよくあります。

「相続税の安さ」を求めては本末転倒に・・・

たとえば[図表3]のように、1つを整形地に、1つを旗竿地にしてしまうケースをよく見ます。路線価で面積を等分して遺産分割をするときに、このような現象がよく起こります。土地は分割方法によって大きく価値が変わります。旗竿地になると建築の制限が出るエリアもありますので、[図表4]のパターン①のように分割することで旗竿地にすることなく、建物の間取りも入るというケースもありますし、等分ではなく他の財産で金額の調整もできるという場合、3分割にできる面積があるときは、[図表4]のパターン②のように3分割にして、片方が2区画、片方が1区画を取得するという選択肢もあるでしょう。

 

[図表3]

 

[図表4]

 

この区画割りを考えるとき、どう分割すれば一番相続税が安くなるかという視点のみで分割を考えてしまう方もいますが、その考え方では本末転倒になってしまいます。相続税を節税したいのは、あくまで時価の純資産を効率よく残すために行うので、[図表3]の旗竿地のような形にしてしまうことで価値が目減りしたり、建築に制限が出て共同住宅が建てられなくなったりする弊害が出ることもあります。相続税評価は確認しますが、どう資産を最有効活用するかという観点で考えることが、やはりここでも重要です。

 

[図表1]や[図表3]のような土地のパターンで説明したケースで、土地の大きさや形が一緒だったとしても、すべてこのやり方が当てはまるというものではありません。最低敷地面積や旗竿地になることでかかる制限、開発許可、エリアで売れ筋の面積や価格帯、土地の形状、広大地評価の適用の有無など、さまざまな要因を加味して考える必要があります。

ベストプラン株式会社
 代表取締役

年間100件以上の相続相談に応え、一般家庭の相続から総資産額数十億円の地主さん、資産家さんの相続対策まで、顧客本位のコンサルティングを行う。また、自らコンサルティングを実践するだけでなく、各所に相続相談センターを開設し、相続人と被相続人が離れた場所に住んでいる場合や相続財産が遠隔地の場合でも対応できる体制を構築している。相続対策のセミナーを開催し、講師を務めるほか、金融機関主催のセミナー講師、相続関連の資格の講師など、さまざまな場所で公演を行う。

著者紹介

連載一族を繁栄させる「地主・大家」のための相続対策

 

地主・大家の相続対策の本質

地主・大家の相続対策の本質

豊田 剛士

現代書林

年間100件を超える相続相談に単身で応え、数十億単位の資産の相続にも最適な対策を提供し続けている著者が明かす、「全体」を見据えた一族繁栄のための相続対策の「本質」とは?「遺言作成」、「生命保険」、「賃貸アパート建築…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧