▲トップへ戻る
税理士が「専門特化」することで得られるメリット③

前回に引き続き、税理士が「専門特化」することで得られるメリットを見ていきます。今回は、世間からの注目度のアップや、自身のブランディングについて取り上げます。

専門領域が認知されれば、世間の注目度も格段にアップ

業種特化のメリットの一つとして、「ワン&オンリーの存在になれる」と言いましたが、「この業界の税理士と言えば、○○さん」として認知されれば、世間からの注目度は格段にアップします。

 

一般的に、独立開業して間もない税理士は、ある程度の顧客が確保できるまで自ら営業活動を行います。知人に紹介してもらったり、地域にチラシを配ったり、ネットに広告を出したりなどさまざまなやり方がありますが、いずれもコストがかかります。コストに見合うだけの反響があるかどうかは、相当の努力、そして運次第の部分もあるでしょう。

 

また、顧客紹介サイトを利用する人もいます。確かに、何の当てもない場合には、こういった顧客紹介サイトを利用するのも一つの手だと思います。ただ、そういうサイトに登録してもすぐうまくいくというわけでもなく、また、紹介を受ければ顧問料も安いのに多くの紹介料を支払わなければなりません。それでは、ただでさえ開業資金で手一杯のところ、さらに資金繰りを圧迫してしまうことになります。

 

その点、専門特化をしていると、自然と顧客が集まりやすくなります。

取材やセミナーの依頼により、露出の機会が増加

それは、業種特化をしている人の少ない税理士業界では、今ならどの分野でもある程度の注目を浴びることができるからです。すると、自然と取材やセミナーの依頼が来るので、自ら広告費や宣伝費をかけてなくても露出する機会が増え、自らを売り出していけるようになります。つまり、お金をかけずして、税理士としてのブランド化が図れるのです。

 

私の場合でいうと、「賃貸経営専門」としてやり始めてまだ5年そこそこですが、すでにクチコミや紹介で新規顧客が集まってきたり、新聞・雑誌などメディアの取材や、一般向け・税理士向けのセミナー依頼などが途切れなく来ます。こちらから特別何かアクションをしたわけではありませんが、今はIT社会ですから、どこからか情報を探したり聞きつけたりするのでしょう。

 

そうやって新聞や雑誌の記事に載ったり、テレビに出たりすると、それがきっかけで私の存在を知ってくれる人が増え、また次の問い合わせやメディア出演依頼などに繋がります。先日も、某テレビ局から「賃貸経営専門の税理士」としての意見を聞かせてほしいとの依頼があり、番組出演をさせていただきました。そうやって連鎖的に露出が増えていくのです。

 

メディア出演をすると、「○○という雑誌に取り上げられました」とか「○○という番組に出演しました」というだけで、顧客の信頼感がアップするというのも大きなメリットです。

税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所代表 税理士
司法書士
宅地建物取引士

1978年、東京都江戸川区生まれ。明治大学法学部卒業。税理士試験合格後、実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。退職後、2011年12月、同事務所設立、現在に至る。司法書士の資格を活かし、不動産のスペシャリストとして税務だけでなく法律面の観点からもトータル的なアドバイスを提供。
『「税理士」不要時代』(幻冬舎)、『相続対策の常識ウソ?ホント?』『大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q & A』(ともに清文社)、『大家さんのための超簡単!青色申告』(クリエイティブ ワークステーション)など著書多数。

渡邊浩滋総合事務所 http://www.w-sogo.jp/

著者紹介

連載税理士不要時代を勝ち残る「専門特化」の法則

本連載は、2016年12月9日刊行の書籍『「税理士」不要時代』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

「税理士」不要時代

「税理士」不要時代

渡邊 浩滋

幻冬舎メディアコンサルティング

もう「税理士の資格」だけでは食べていけない!激化する過当競争を生き残るための道とは? 近年、生き残り競争が激化している税理士業界。 「顧問料比較サイトの発展」「公認会計士、弁護士による税理士登録の増加」「クラ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧