「賃貸経営」に専門特化した税理士の成功事例④

前回に引き続き、「賃貸経営」に専門特化した税理士の成功事例を見ていきます。今回は、特化のポイントと、特化したからこそ実現できたサービスの例を見ていきます。

今後の課題は「新たな差別化案」を生み出すこと

前回の続きです。

 

今でこそ、まだまだ業種特化している税理士は少数派です。しかし税理士が生き残る道はここにしかありません。いずれは同じターゲットを持つ税理士が増えてくることが予想されるため、新たな差別化案を考えなければいけません。それが私は今後の課題だと思っています。

 

まず、これまで通り経営コンサルの質を上げていくことは続けていきます。さらに、将来を見据えた経営アドバイスを、私以外の事務所スタッフでもできるようなシステムを構築したいと考えています。そして税理士という枠組みにとどまらず、一段階レベルの高い管理会社のような、資産管理や運用について全般的なアドバイスできる組織を目指していきます。

 

業種特化は思った以上のスピード感で成長をもたらす

それから、現在では仙台、名古屋、大阪、静岡でもセミナーをしており、それぞれの地域での需要も見込めるため、支社、業務提携などで地方展開も考えています。すでに静岡では不動産会社と提携して対応していますが、将来的には全国的なネットワークを作って、提携して私の事務所と同じシステムを利用してもらいたいと思っています。

 

そうすると、全国的な賃貸情報関連のデータが集まってくるので、そういったビッグデータを駆使して、今までのような経験値からのみのアドバイスだけでなく、客観的な指標から、より高度で緻密なアドバイスを行うことができるようになります。それこそ、全国の賃貸業の中で経費が安いのか高いのか、という判断までできるようにしたいのです。さらにそれを誰でもできるようなところまでシステム化できれば、この業界に革命をもたらすことも可能ではないかと考えています。

 

まだまだ先は長いことのようにも思えますが、たったの5年で私を取り巻く環境は激変しました。5年前は会計事務所でサラリーマンとして働き、心身ともに疲弊していた一介の税理士にすぎなかった私が、今では九段下駅から徒歩1分の好立地に事務所を構えている代表税理士です。最近では、大家さん専門税理士としてテレビ出演も果たすことができました。

 

業種特化は思った以上のスピード感で成長をもたらします。

 

私は新しいシステムを2年以内には構築したいと思っています。業種特化はそれほどの可能性を秘めているのです。今まさに体感している私が言うのですから、間違いないと思います。

 

本連載は、2016年12月9日刊行の書籍『「税理士」不要時代』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載税理士不要時代を勝ち残る「専門特化」の法則

税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所代表 税理士
司法書士
宅地建物取引士

1978年、東京都江戸川区生まれ。明治大学法学部卒業。税理士試験合格後、実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。退職後、2011年12月、同事務所設立、現在に至る。司法書士の資格を活かし、不動産のスペシャリストとして税務だけでなく法律面の観点からもトータル的なアドバイスを提供。
『「税理士」不要時代』(幻冬舎)、『相続対策の常識ウソ?ホント?』『大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q & A』(ともに清文社)、『大家さんのための超簡単!青色申告』(クリエイティブ ワークステーション)など著書多数。

渡邊浩滋総合事務所 http://www.w-sogo.jp/

著者紹介

「税理士」不要時代

「税理士」不要時代

渡邊 浩滋

幻冬舎メディアコンサルティング

もう「税理士の資格」だけでは食べていけない!激化する過当競争を生き残るための道とは? 近年、生き残り競争が激化している税理士業界。 「顧問料比較サイトの発展」「公認会計士、弁護士による税理士登録の増加」「クラ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧