前回は、フィリピン不動産投資の本命は「ダバオ市」だと言える理由を説明しました。今回からは「ダバオ」の魅力について、より詳しく見ていきましょう。

圧倒的に治安が良く、東京と比較しても遜色なし

ダバオ市は、フィリピンの経済圏としては3番目になりますが、市でいうとマニラ市に次ぐナンバー2の大都市です。ここまでは、投資対象としては飛び抜けて魅力的とはいえないレベルです。同市の最大のポイントは、まず圧倒的な治安の良さにあります。

 

[図表]マニラ、セブ、ダバオ、東京、ロサンゼルスにおける治安の評価

NUMBEO.comより
NUMBEO.comより

 

犯罪発生率を劇的に減少させた、現大統領の施策とは?

なぜ、ダバオはフィリピンでも屈指の治安の良さを誇るのか? そのキーマンとなるのが、1988年から2016年6月まで市長を務めたロドリゴ・ドゥテルテ、現大統領です。同氏のもとでダバオ市の犯罪発生率は劇的に減少しました。具体的な施策には次のようなものがあります。

 

1.喫煙の取り締まり

市内すべてに禁煙区域を設定しました。このエリアで喫煙すると1000ペソ(2016年6月現在で約2300円)の罰金を支払うか一か月の拘留となります。

 

2.16歳未満の夜9時以降の外出禁止

青少年の非行防止に役立っています。

 

3.バーやクラブなどの営業時間制限

2014年の基準ではバーやクラブの営業は午前1時まで。以前この制限を無視したお店があり、ドゥテルテ氏はその一帯のお店を約1か月間営業停止としました。

 

4.麻薬組織との戦争宣言

ドゥテルテ市長は、麻薬犯罪に関与する者を裁判なしですぐに射殺するよう指示を出しました。

 

5.タクシーのぼったくり禁止

タクシー運転手の教育を徹底し、メーターを作動させないなどでぼったくりが発生した場合は、運転手はもちろんタクシー会社も営業停止にするとしました。

 

タクシーに関しては、筆者(織田)自身も印象的な出来事があります。まず、マニラではメーターを作動させないことは日常的ですが、ダバオでは100%あり得ません。その上でつい最近のことですが、あるホテルまで乗ったときに3ペソのお釣りを受け取るのをうっかり忘れました。日本円にして7円くらいです。

 

そんなことなど気づいていなかった翌日にホテルのフロントへ行くと、いきなりホテルマンから3ペソを渡されました。私がタクシーを降りてすぐに運転手が届けに来たというのです。

 

ダバオの治安の良さは本物です。2008年にはフィリピン政府観光省から同国で最も住みやすい都市として認められました。前出のNUMBEOの犯罪・安全レベルでも東京と遜色ない数値となっています。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年8月24日刊行の書籍『海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

    海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

    大山 一也,織田 耕平

    幻冬舎メディアコンサルティング

    これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。 近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ