フィリピンに次ぐ「東南アジア」の不動産投資の候補地を探る

前回は、フィリピン不動産の資産価値を「数倍にする」出口戦略の手順を紹介しました。今回は、フィリピンに次ぐ、東南アジアの不動産投資の候補について解説します。

アジアの「ラストリゾート」・・・カンボジア

海外不動産を持つことの魅力とは、何といっても高い成長性であることは間違いありません。そこで、アジア不動産のなかでもフィリピン・ダバオ市の投資メリットをこれまで紹介してきました。

 

しかし広いアジアでは、フィリピン以外にもぜひとも紹介しておきたい国があります。それが「アジアのラストリゾート」ともいわれるカンボジアです。

これから「大化け」する可能性が高い!?

実際、筆者(大山)のクライアントには、カンボジアで開業し成功を収めているドクターがいるので紹介します。彼が購入したのは、プノンペンの中心地にある9階建てのテナントビルです。すでに子ども洋品店や不動産会社、IT企業などが20社ほど入っている物件で、その1フロアで開業することになりました。

 

相場からすると少々高めでしたが、何といっても日本とは比べものにならないほどの好景気です。空室に悩まされることはありません。1フロアをすべて内科のクリニックに改修することなどを条件に購入することにしました。

 

2016年現在、開業して2年になりますが経営は順調です。彼は国内の仕事を減らし、プライベートの時間を多く取りながら行ったり来たりの日々を送っています。

 

まだ現地スタッフには慣れないところがあるようですが、基本的にまじめな国民性なので、焦らずに日本式の効率的な動きを指導しています。

 

今はまだ現地の日本人を中心とした富裕層を対象としたクリニックですが、ここで資産を貯めて、近いうちに郊外での開業も考えているようです。

 

東南アジアの不動産投資で今現在、最も成功率が高い「本命」がフィリピンのダバオ市とすれば、カンボジアはこれから最も「大化け(成長)」する可能性が高い、若手有望株といった感じです。

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

連載多忙な医師でも資産を数倍に! フィリピン不動産の最強投資術

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

大山 一也,織田 耕平

幻冬舎メディアコンサルティング

これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。 近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧