不動産投資先としてお勧めのカンボジア・・・その通貨事情とは?

前回は、カンボジアが海外不動産投資先としてお勧めである理由を取り上げました。今回は、カンボジアの通貨事情について見ていきます。

USドルの流通が多く、首都では小さな商店でも使用可能

カンボジアでは1980年4月の政治体制の崩壊に伴い、現地の通貨であるリエルが復活しました。しかし、実際にはUSドルも多く流通しており、特に首都プノンペンではホテルはもちろん、小さな商店まで使用することができます。新興国の通貨ではインフレの心配がありますが、USドルなら価値が安定しているので安心して取引できます。

 

当然、家賃の支払いもドルを指定できますし、USドルであれば現地の家賃収入をそのまま日本へ送金できるのも魅力です。

 

大まかにいって、2016年8月時点では1USドル=4,000リエル程度の為替レートですが、市中では便宜的に1USドル=4,000~4,500リエル程度で換算されていることが多いようです。コンビニなどではカウンターに「当店では1ドルを4,000リエルとします」のような但し書きが貼られていることがよくあります。USドルが流通しているので日常的にも不便なことはありません。

チップの習慣がないため、基本的には不要

チップの習慣はないので基本的には不要です。日常生活におけるサービス料の目安を載せておきます。

 

●レストラン・・・高級店以外では不要。高級店でも、サービス料が付加されている場合は不要

●ホテル・・・ベルボーイやルームサービスに対しては2,000~4,000リエル程度

●タクシー・・・不要

●バイクタクシー(トゥクトゥク)・・・不要

●ガイド・・・1日1〜3USドル程度

●専属ドライバー・・・1日1~3USドル程度

(『地球の歩き方』(ダイヤモンド・ビッグ社)より引用)

 

なお、税金に関しては、旅行者には基本的に10%のVAT(付加価値税)がかかります。しかし、現実的には旅行者の買い物、支払いにはほとんど適用されておらず、旅行者がVATを支払うのは、中・高級ホテルや高級レストランでの支払い時、レジでレシートが発行されるスーパーなどでの買い物のときくらいとなっています。

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

【医師限定】不動産投資セミナー:https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5f20c5757765611528000000

著者紹介

連載多忙な医師でも資産を数倍に! フィリピン不動産の最強投資術

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

大山 一也,織田 耕平

幻冬舎メディアコンサルティング

これまで医師のための不動産運用について様々なテクニックを紹介してきた著者が、更なる資産形成へのステップアップとも言うべき「海外不動産投資」のノウハウを公開。 近年急成長を遂げるアジア新興国、なかでも注目のフィリ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧