▲トップへ戻る
ドライアイで「目の充血」が改善しにくくなる理由

今回は、ドライアイで「目の充血」が改善しにくくなる理由を見ていきます。※本連載は、医療コミュニケーションの研究とともに、患者さんへ病気の知識をわかりやすく伝える活動を続けている眼科専門医・平松類氏の著書『本当は怖いドライアイ』(時事通信出版局)の中から一部を抜粋し、ドライアイの基礎知識と対処法をご紹介します。

目を酷使すると「充血」が起こるが・・・

ドライアイによる充血はしつこくずっと残っています。なぜドライアイにより充血がでてくるのでしょうか?

 

ドライアイになると涙がないために目に傷がつきます。涙が多ければ涙で傷を覆って治してくれますがそれもできません。困った目は何とか傷を治そうとしてくれます。どうやって治そうとするかというと、白目の血管から黒目のほうに向かう血流を増やして、傷を治すための栄養を流します。そのため、血管に流れる血液の量が多くなって充血するのです。

 

徹夜した後や、たくさん目を使った後は鏡を見ると充血しています。無理に目を使い過ぎて結果としてドライアイが起こってきているのです。ということは充血=悪者ではなくて、充血する原因自体をとらなければいけません。

 

 

「充血をとる薬」というのは市販でありますがこれに頼ると大変なことになるのです。充血は確かにとれる。一方で黒目を治す力が弱くなり、黒目の傷が広がってしまう。そうすると充血はさらにひどくなり、また充血をとるお薬を点眼する。これを繰り返していくと結果として充血も傷もわるくなっていきます。本当は市販の目薬には「長期使用して治らなければ眼科で相談」と説明書に書いてありますが、字が小さくてたいていの人は読んでいません。

 

その結果本当に充血がひどくなってから受診することになります。数カ月、ひどいときは年単位でできた充血のため、それを治すにも同じくらいまたはそれ以上の期間を必要としてしまいます。

 

さらにわるいことに、このように充血を無理やりとってしまったり、充血しても治らないくらいの傷がずっと残っていたりすると黒目が小さくなります。なぜでしょうか? それは黒目を治そうと白目から血管を生やしてのばしてくるためです。そのため結果として黒目が小さくなってしまうのです。

ドライアイで「目の開き」が悪くなる!?

またドライアイがあると〝目が小さくなって〟しまいます。でもあなたが「私の目が小さくなっちゃったんです」と言っても医者は聞いてくれません。「何を言っているんですか? 全然小さくないですよ」と言われてしまいます。

 

医者が言う「目が小さい」とは、一般的な意味とは違います。一般に言う「目が小さい・大きい」というのは、例えば「あの女優さんは目が大きいけれど、私の目は小さい」というような使い方です。それは他人から見て「まぶたが大きく開いている」=「目が大きい」、「まぶたの開きが大きくない」=「目が小さい」ということです。つまり目がぱっちり開いているということです。

 

一方で医者が言う「目が小さい」というのは、「目の玉が小さい」ことをいいます。目の玉は平均的には直径が24ミリぐらいです。近視が強いとこの直径が長く、遠視が強いと直径が短くなります。目の玉の直径が短いことを「目が小さい」と医者は言うのです。だからあなたの目が小さくなったと感じたとき、医者に対しては「目の開きがわるくなった気がする」という表現のほうが伝わります。

 

では、なぜドライアイになると目の開きがわるくなる(目が小さくなる)のでしょうか? それは目をしっかり開けようとすると目が乾いてしまうからです。ドライアイがよくなって目の渇きがなくなれば思い切って目を開けることができます。結果として目がぱっちりみえるのです。

 

つまりドライアイがよくなると自分が楽に過ごせるだけではなく、人に与える印象までよくなるのです。それまでついついしかめ面で見ていたものが目をぱっちり開けて見れるようになるので、明るく楽しい印象になります。さらに充血もとれてくるので、疲れている印象や年をとっているかのような見た目の印象を改善してくれるのです。

昭和大学兼任講師
彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長
三友堂病院非常勤医 医学博士、眼科専門医。

愛知県田原市出身。自身がドライアイであり克服した経験をもつ。医療コミュニケーションの研究のなかで患者さんが病気を知ることがより良い治療のために大切なことを知り、病気の知識をわかりやすく伝える活動を続ける。
主な著書に『緑内障の最新医療』『黄斑変性・浮腫で失明しないために』『その白内障手術、待った!』(時事通信社)など多数。テレビ、新聞、ラジオ、雑誌などのメディア取材にも精力的に応じている。
ブログ http://www.hiramatsurui.com/

著者紹介

連載本当は怖い「ドライアイ」の基礎知識と対処法

 

 

本当は怖いドライアイ

本当は怖いドライアイ

平松 類

時事通信出版局

医師も軽く考えがちなドライアイ。 目薬で一時的によくなっても、根本は治っていません。 でも、安心してください。 いい対処法があるのです。この本に出会ったことが、苦しみと決別するチャンスです。 目が乾燥することによ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧