留学先レポート――カナダ・モントリオール

前回は、カナダ・トロントの地域情報を取り上げました。今回は、カナダ・モントリオールの地域情報を紹介します。

フランス情緒の漂う街並みはまさに「北米のパリ」

1760年にイギリスに占領されるまでフランス領土であったモントリオール。

 

ヨーロッパを感じさせる洗練された街並みの中に複雑な歴史が見え隠れする。街中にはフランス語の看板があふれ、第一言語はフランス語。

 

一方で、英語も話せるバイリンガルが多いのも大きな特徴だ。モントリオール映画祭が開催されるなど、「芸術の街」としても知られる。

 

 

見応えのある作品をそろえるモントリオール美術館

 Tour guide 

 

●モントリオール及びその周辺の観光ガイド

 

①約190年の歴史を誇るカトリック教会 モントリオール・ノートルダム大聖堂

この大聖堂の色鮮やかで精巧な内装はアメリカ大陸では他に類を見ない。ステンドグラスにはモントリオールのルーツである植民地ヴィル・マリーにまつわる宗教物語が描かれており、街の歴史をたどることができる。モントリオール出身の歌手セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも有名。

 

 

②夏には大道芸人が出て賑わう ジャックカルティエ広場

ノートルダム大聖堂から数百メートルの距離にあるジャックカルティエ広場は、市庁舎から旧港を結んでいる。市庁舎前で目に留まるのはトラファルガー海戦で活躍したネルソン海軍司令官の記念碑。カフェやレストランも多いので、広場を眺めながらゆっくり食事やお茶を楽しむのもいいだろう。

 

 

③3万点を超える所蔵品 モントリオール美術館

1860年創設の美術館。カナダ最古の美術館で、歴史的建造物である旧館と現代建築の新館がシェルブルーク通りをはさんで向かい合っている。国際的な展示はもちろん、国内やケベック州の美術作品も充実していて見応えがある。美術館が好きな方には、「モントリオール現代美術館」もオススメ。

 

 

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧