留学先レポート――カナダ・トロント

前回は、カナダ・バンクーバー周辺の観光情報を紹介しました。今回は、カナダ・トロントの地域情報を紹介します。

様々な民族・文化が融合したカナダ最大の都市

オンタリオ州の州都にしてカナダ最大の都市であるトロントは、数多くの企業が集まるカナダ経済の中心地。

 

観光資源に恵まれており、洗練された都会の雰囲気と雄大な大自然の魅力をどちらも満喫できる。

 

様々な民族や文化が入り交じる多文化都市としても有名。

 

 

 

 

都会の雰囲気と雄大な自然の両方を満喫

 Tour guide 

 

●トロントおよびその周辺の観光ガイド

 

①トロントのランドマーク CNタワー

1976年にカナダ鉄道によって建設された、高さ553.33mを誇る電波塔。展望デッキからはダウンタウンやオンタリオ湖など、360度の眺望が楽しめる。展望台の外の縁を歩く「エッジウォーク」はスリル満点の人気アトラクション。

 

 

②小高い丘の上に建つ大豪邸 カサ・ロマ

ナイアガラの滝を利用した水力発電で巨万の富を築いたヘンリー・ペラット卿によって1900年代初頭に建てられたお城。98もの部屋があり、豪華な家具や内装は中世ヨーロッパの雰囲気を感じさせる。カサ・ロマとはスペイン語で「丘の上の邸宅」という意味。

 

 

③圧倒的なスケールの大自然 ナイアガラの滝

カナダとアメリカの国境にあり、イグアスの滝、ビクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布の一つ。カナダ滝とアメリカ滝の2つからなる滝で、世界最大級の水量を誇る。周辺にはホテルやワイナリー、カジノなどもあり、トロントから日帰りできる観光スポットだ。

 

 

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

都会的な街並みと大自然が共存するカナダ最大の

 

 

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧