インド、アメリカ、マルタ・・・おすすめの世界遺産5選

前回は、カナダ・モントリオールの地域情報を取り上げました。今回は、インド、アメリカ、マルタなど、様々な国のおすすめ世界遺産を紹介します。

世界遺産を通じて、その国への知識や理解を深めよう

「世界遺産」とは、人類にとって普遍的な価値があると認められた遺跡・景観・自然などのこと。世界167か国に1,073件の世界遺産が登録されています(2017年現在)。

 

せっかく外国に来たのですから、ぜひその国の世界遺産を見て、歴史や文化についての理解と見分を広めましょう。

 

●完全なる左右対称の美しさ

タージ・マハル(文化遺産)

アグラ(インド)

 

 

ニューデリーから車や電車で片道数時間のところにあります。王宮のように見えますが、実はこれ、「お墓」なんです。亡くなった王妃のために皇帝が22年の歳月をかけて造らせたそう。総大理石造りの非常に豪華な建物はとても美しく、見るものすべてを圧倒します。

 

●東京都のおよそ2倍もの広さ

ヨセミテ国立公園(自然遺産)

カリフォルニア州(アメリカ)

 

 

広大な敷地に美しい大自然が広がる、アウトドア派におススメの公園です。独特な形状のハーフドームや、北アメリカ最大の滝であるヨセミテ滝など、見どころも満載。氷河によって削られてできたこれらの雄大な地形を目にすると、我々人類の小ささを感じさせられてしまいます。

町や国全体が世界遺産となっているところも!

●町全体が世界遺産

ヴァレッタ市街(文化遺産)

マルタ

 

 

要塞都市として発展し、「ルネサンスの理想都市」とまで言われた美しい街。私のおススメは、マルタ騎士団の守護聖人ヨハネに捧げられた「聖ヨハネ大聖堂」。外観こそシンプルですが、その内部は床一面の大理石にも装飾が施された豪華な造りで、一見の価値ありです!

 

●これぞ「天空の城」!

シーギリヤ(文化遺産)

マータレー(スリランカ)

 

 

ジャングルの中にある巨大な岩山。その頂上にかつての宮殿があります。1200段の階段を登れば、ジャングルを一望できる絶景が得られます。周辺には象乗りを体験できるところもあります。私も挑戦してみましたが、象に乗って眺めるシーギリヤロックの姿は格別でした!

 

●国全体が世界遺産である世界最小の独立国

ヴァティカン市国(文化遺産)

ヴァティカン市国

 

 

マルタ留学の際に、有名なヴァティカン市国にも立ち寄りました。カトリック教会の総本山のヴァティカンにはシスティーナ礼拝堂やサンピエトロ大聖堂などの建造物があり、たくさんの観光客で賑わっています。まるで映画やドラマのワンシーンのような街並みの中を歩けば、ロマンチックな気分に浸れます。

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧