留学先レポート――アイルランド・ダブリン②

前回は、アイルランド・ダブリンの留学先情報を紹介しました。今回は、アイルランド・ダブリンの地域情報、観光情報を見ていきましょう。

歴史を学び、アイルランド人の「魂」に触れる

 Activity 

 

①人が集い音楽を愛でる アイリッシュ・パブ

アイルランドならどんなに小さな町でもあるパブは、老若男女が集まる生活に密着した社交場。そしてパブに付き物なのが、伝統音楽アイリッシュ音楽だ。生演奏を聴けるパブもありますが、街でストリートミュージシャンに出くわすチャンスもあるだろう。

 

 

②アイリッシュダンス

アイリッシュダンスとは、伝統音楽にのせてステップを踏み、靴を打ち鳴らすアイルランド独特のダンス。イギリス統治時代、踊ることを禁止された際に、窓を通して外から見られても気づかれないようにと、下半身のみを動かすアイリッシュダンスが誕生した。

 

 

③柱には弾痕が残る 中央郵便局(General Post Office)

市内中心部に構える中央郵便局は、アイルランド独立のきっかけとなった1916年の「イースター蜂起」の舞台としてアイルランドで最も歴史的価値の高い建物の一つ。歴史をたどれるミュージアムも併設されている。

 

 

④独立の歴史と深い関係のある場所 キルメイナム刑務所

1924年に閉鎖された激動のアイルランド革命時代を今に伝える旧刑務所。イースター蜂起のリーダーたちも収監され、そのほとんどが処刑された。見学はガイドが案内するツアー形式のみ。独房に実際入ることもできる。

 

ダブリン及びその周辺の観光ガイド

⑤アイルランドを代表する観光地 コーズウェイ・コースト・ウェイ

六角柱が奇妙に並ぶ世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイが有名で、ダブリンからの一日観光ツアーも多い。エメラルドグリーンの海を見ながら行くキャリック・ア・リード吊り橋までの散策はとても気持ちいい。石柱の成り立ちや伝説を解説しているビジターセンターもチェックしよう。

 

 

⑥大人の工場見学 ギネスストアハウス

日本人にもなじみのあるギネスビールはアイルランドで誕生した。見学ツアーでは材料や作り方が丁寧に説明され、正しい注ぎ方まで教えてくれる。最上階のバーでは365度のパノラマでダブリンの街を眺めながらビールを味わえる。できたてビールのクリーミーな泡に驚く人も多いだろう。

 

 

⑦庶民の信仰の拠点としてあり続けた グレンダ・ロッホ

アイルランドにおける初期のキリスト教会があることで有名。中でも最大の規模を誇るのが石造りの大聖堂跡だ。入り口のアーチや窓枠、食器棚などは芸術性の高さだけではなく当時の進んだ技術力についても示している。ランドマークの石塔はバイキングに襲撃されたときの避難場所だった。

 

 

ノバリ株式会社 代表取締役社長

1972年静岡県生まれ。フィリピンのセブ島やマクタン島にある語学学校へ数多く留学し、実際に教わったフィリピン人先生の数は100人以上。フィリピン人先生の友人も300人以上おり、フィリピン英語留学の長所と短所を明確に把握している。その経験をもとに、セブ・フィリピン留学のポータルサイト『セブイチ』を運営。現在は定期的にカナダ・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス等の世界各地の語学学校に留学し、体験記を執筆中。外資系保険会社で働いた経験から、お客様アンケートだけに頼らない現場主義と定点観測を重要視し、留学ジャーナリストとして「中立公正」な情報を世の中へ伝えている。

著者紹介

連載留学ジャーナリスト自らが視察した「世界の英語留学先」ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

世界13カ国英語留学ガイド

太田 裕二

幻冬舎メディアコンサルティング

本書では単なる情報提供ではなく、13カ国以上の語学留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介。海外留学に関心の高い20代後半~35歳の若手社会人をメインターゲット…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧