▲トップへ戻る
銀行業務に活用される、AIの「コグニティブシステム」とは?

前回は、銀行経営の大きなリスクとなる「金融不正」を予防するAI活用術を紹介しました。今回は、銀行業務に活用される、AIの「コグニティブシステム」について解説します。

AIによる自然言語処理・傾向分析・学習能力と意思決定

デジタル・リーズニング社は、AIによるコミュニケーション分析で注目されている企業です。アメリカのテネシー州で2000年に設立された会社で、コグニティブコンピューティング技術によるコミュニケーション分析を提供しています。

 

設立直後から軍やCIAといった顧客を持ち、現在はナスダック、アクセンチュア、オラクルなどの大手企業とパートナーシップを結んでいます。

 

コグニティブコンピューティングとはどのような技術でしょうか。

 

主な技術要素は以下の通りです。

 

●自然言語処理

自然言語を処理することが得意。問い合わせ対応や接客業務への応用が期待されている。

 

●傾向分析

SNSの投稿や通販サイトでの購入履歴などから、ユーザーの性格や好みを分析。マーケティングへの応用が期待されている。

 

●学習能力と意思決定

事例を通じて学習し、システムが考えた結果を提示する。

実用化例として知られる、IBMの「ワトソン」

コグニティブコンピューティングの実用化例(コグニティブシステム)としては、IBMのワトソンが有名です。ソフトバンクのPepperと連携していることでも知られているシステムで、IBMのクラウド(Bluemix)で提供されています。

 

「コグニティブコンピューティング」はIBMが提唱した言葉です。AIとどう違うかについて、IBM基礎研究所のダリオ・ギル副社長は「AIは人が行う作業をコンピュータが行うもの、コグニティブシステムは人がより良い作業を行えるようにサポートするものであり、それぞれゴールが違う」と説明しています。

 

ただ、一般的にはAIと同一視されており、IBMも最近ではワトソンをAIと呼ぶようになりつつあるようです。「自然言語処理と傾向分析に強く、自分で学習して意思決定もできるAI」がコグニティブシステムだと考えておけば間違いないでしょう。

 

デジタル・リーズニングは、この自然言語処理と傾向分析に強いというコグニティブシステムの特長を利用して、コミュニケーション分析を提供しているわけです。

株式会社オメガ・パートナーズ 代表取締役社長

東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。
金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。
その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。
株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、
ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

著者紹介

連載リテールサービスから機関投資家向けサービスまで…AIに置き換わる銀行業務とは?

本連載は、2017年12月18日刊行の書籍『AI化する銀行』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

AI化する銀行

AI化する銀行

幻冬舎メディアコンサルティング

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧