▲トップへ戻る
IA搭載のロボットに「接客業務」をさせる実験的な取り組み

前回は、金融機関における「AIを活用した法人融資審査」の試みを紹介しました。今回は、「接客業務」でAIを導入した事例を見ていきましょう。

AIなら、データベースによる接客ノウハウの共有が可能

ATM利用が大半になった今でも、銀行支店での接客業務の重要性は変わりません。

 

業務案内をするコンシェルジュ的な担当者も必要ですし、ATMに不具合があったときの対応も必要です。なかにはATMの使い方が分からない人もいるので、手助けも必要になります。窓口に並んでいる人のなかには、なかなか順番が回ってこないとクレームを言う人もいるかもしれません。もちろん金融商品の説明や提案を求める顧客にも対応しなければなりません。

 

いずれにしても、接客対応の悪い銀行は長い目で見ると顧客を減らすことになるでしょう。

 

一方で、金融商品の案内などの営業的な業務を除くと、接客対応の多くは収益を生まない業務です。経営的な視点では、このような業務はできるだけ低コストで実現したいものとなります。

 

しかし接客対応は対応する人の能力に依存しますので、できるだけスキルの高い人を充当したいという面もあります。接客スキルを必要とする業種・業態は多数ありますから、賃金を低くしすぎると銀行には来てくれなくなる恐れがあります。

 

そこで、AIを搭載した人型ロボットに接客させる実験的な取り組みが始まっています。AIであれば、データベースで接客ノウハウを共有できるので、属人性のない安定したレベルの接客対応が可能となります。

みずほ銀行は「Pepper」を置く支店を開店

2016年5月、みずほ銀行は東京八重洲口の鉄鋼ビルに「未来の店舗がここからはじまる」というキャッチフレーズで、新しい支店を開店しました。

 

そのなかにデジタルサイネージや人型ロボットなどを配置した「フィンテックコーナー」があります。

 

フィンテックコーナーには人の身長より高い「デジタル情報スタンド」があり、ディスプレイに並んでいるカタログを選択すると、持参したスマートフォンにダウンロードされるなどさまざまな体験ができるようになっています。

 

八重洲支店にはソフトバンクロボティックスの人型ロボット「Pepper」が2台います。そのうち1台は、待合コーナーでおみくじや保険の案内をしています。

 

もう1台がフィンテックコーナーにあるもので、宝くじの案内という限定された範囲ではありますが、IBMのコグニティブシステム、ワトソンとの接続により、顧客とのスムーズな会話や、質問への回答を検索して返すことなどを実現しています。

 

特に先進的な技術は、周囲の雑音と会話をしている相手の発話を区別するものです。これは、音声処理のなかでは特に難しいとされる技術なのです。

 

今後は、株価や為替、市場動向など会話ができる範囲を順次広げていく予定です。

株式会社オメガ・パートナーズ 代表取締役社長

東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。
金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。
その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。
株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、
ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

著者紹介

連載リテールサービスから機関投資家向けサービスまで…AIに置き換わる銀行業務とは?

 

AI化する銀行

AI化する銀行

幻冬舎メディアコンサルティング

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータ…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧