人件費2.5億ドル以上削減!?…AIに置き換わる「トレーダー」

前回は、日本のヘッジファンドにおける「AI活用」の現状を取り上げました。今回は、トレーダーのAIへの置き換えを進める、大手投資銀行の事例を取り上げます。

600人いたトレーダーがわずか2人に!?

トレーダーが、アメリカでは次々とAIに置き換えられています。ゴールドマン・サックスもそうでした。ここでは数値的な事実だけ掲載します。

 

●2000年には600人のトレーダーがいたが、2017年1月現在ではわずか2人

 

●日々の取引作業は200人のITエンジニアの運用するロボットトレーダーが実施

 

このような事例はゴールドマン・サックスだけではなく、欧米では一般的になりつつあります。イギリスの調査会社Coalitionによれば、株式取引の45%の収益は電子取引によるものだそうです。

 

ゴールドマン・サックスクラスの投資銀行の営業・取引・研究部門の平均年俸は約50万ドルとの試算が出ています。単純計算すれば、ゴールドマン・サックスでは2.5億ドル以上の人件費削減ができたことになります。

 

株式取引だけでなく、為替取引もAIへの置き換えが進展

トレーダーのAI化は株式取引にとどまりません。為替取引もAIに置き換えられつつあります。

 

ゴールドマン・サックスのマーティン・チャベスCFOによれば、「4人のトレーダーを1人のITエンジニアに置き換えられる」とのことです。

 

ちなみにゴールドマン・サックスでは現在、総従業員数の3分の1に相当する9000人がITエンジニアなのだそうです。

 

トレーダーだけではありません。チャベスCFOは営業や接客など人的スキルが大きな割合を占める業務も、今後はAIで自動化していくと予想しており、投資銀行も対応することが望まれると言っています。

株式会社オメガ・パートナーズ 代表取締役社長

東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。
金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。
その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。
株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、
ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

著者紹介

連載リテールサービスから機関投資家向けサービスまで…AIに置き換わる銀行業務とは?

本連載は、2017年12月18日刊行の書籍『AI化する銀行』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

 

AI化する銀行

AI化する銀行

幻冬舎メディアコンサルティング

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧