株式投資で心得たい「勝ったり負けたりの連続」という事実

本連載は、株式ジャーナリストとして活躍する天海源一郎氏の著書、『こんな時代にたっぷり稼げる株の見つけ方』を一部抜粋し、個人投資家が株式投資で成功する思考法と売買スタイルを紹介します。

「1回も負けない」という個人投資家はいない

売買を繰り返していけば、必ずこうなると断言できることがあります。それは、図のように勝ち負けや損益の度合いが分布していくことです。

 

[図]

それぞれの投資家や相場環境によって細かな配置には違いが出てくるでしょうが、上(プラス)と下(マイナス)の両方に点が散らばっていることは共通してくるはずです。

 

もちろん、目立って相場が上昇している局面ではおのずと勝てる機会が増えるでしょうし、値幅も大きくなってきます。逆に、下落基調が鮮明になっている局面では負けがかさみがちになり、時に手痛い損失を被るケースも出てくることでしょう。

 

とはいえ、私が長く個人投資家として取引を続けてきてつくづく思うのは、それなりに長い期間を振り返ると、「1回も勝てない」という状況がない一方で、「1回も負けない」という状況もないということです。

 

たとえば、日経平均株価がどれほど力強い上昇を示していたとしても、自分が買った5〜6銘柄のすべてが同等に儲かっているというケースはまず起こりません。仮にすべてが値上がりしていたとしても、必ず銘柄ごとに差が出てくるものです。

 

もちろん、最初からそのように凸凹な結果を求めて買っているわけではなく、いずれも自分自身が「これはイケるはずだ!」と(自分の中で)確信を抱きながら手を出したものです。

相対的に儲けのほうが多くなれば「よし」と考える

しかしながら、実際には見込み違いの銘柄が出てくるもので、その宿命からはどれだけのベテランであっても逃れられないだろうと私は思います。

 

もしも、ハズレを引く直前にピピッと第六感が反応して、首尾よくアタリだけを選び当てる猛者(もさ)がいたとしたら、ぜひともお目にかかってその人の爪のアカを煎じて飲んでみたいです。

 

現実には、そこまで完璧に的中させられる人はいません。「勝ったり負けたり」の連続であり、それが当然の現象なのです。

 

ここで重要なのは、「必ず負けることがある」という事実です。これは真理にも近いものです。

 

「勝ったり負けたり」の繰り返しの中で、相対的に儲けのほうが多くなればそれでよしというのが株式投資なのです。

株式ジャーナリスト
個人投資家

1968年大阪市生まれ。関西大学社会学部卒業後、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)入社。東京証券取引所兜記者ク ラブ記者、株式市況アナウンサー、マーケット情報部ディレクターなどを歴任。個人投資家向けの株式情報番組をプロデュースする。2004年独立後、個人投 資家向けの執筆、講演、プロデュースなどに精力的に取り組んでいる。個人投資家が儲けるための投資の啓蒙をライフワークとする。『夕刊フジ』(産経新聞) にて毎週木曜日「天海源一郎の株式フジ」連載中。『週刊現代』、『FRIDAY』(ともに講談社)、『サンデー毎日』(毎日新聞出版)、『ネットマネー』 (産経新聞出版)『BIGtomorrow』(青春出版社)等、各種メディアで活躍。

著者紹介

連載個人投資家の絶対的売買イメージ~『こんな時代にたっぷり稼げる株の見つけ方』より

こんな時代に たっぷり稼げる株の見つけ方

こんな時代に たっぷり稼げる株の見つけ方

天海 源一郎

幻冬舎

時間をかけて勉強して理解した「理論」が、実際に株式投資を行う際には「ヤマ勘」と対して変わらないものになるというのが、多くの個人投資家の実像である。本書は、「ヤマ勘株投資」と決別するために必読の一冊。株式市場の全…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧